スマートフォンで「AbemaTV」視聴時のデータ通信量を調査【通信速度制限回避】

4月11日、インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマテーヴィー)」がスタートしました。

AbemaTVアプリをインストールすることで、パソコンだけでなく、スマートフォンでも視聴可能です。

しかし、ここで気になるのが、どのくらいモバイルデータ通信量を消費するのかです。

もし、モバイルデータ通信量を使いすぎてしまうと、キャリア(Docomo、au、SoftBankなど)の通信速度制限に引っかかってしまう恐れがあります。

例えば、auを「LTEフラット/LTEフラット(V)」で契約していた場合は、1ヶ月のモバイルデータ通信量が7GBに達すると、月末まで通信速度が128kbpsに制限されてしまいます。

そうなると、インターネット検索、Google マップ、YouTubeの視聴、テレビ電話など、ネット接続を行うあらゆる動作が遅くなってしまいます。

そこで、今回は、スマートフォンで「AbemaTV」の番組を視聴したときに、”どのくらいモバイルデータ通信量を消費するのか”調査してみました。

通信速度制限を回避するために、是非、参考にしてください。

調査方法

AbemaNEWS

iPhone 6Sにイヤホンを付けた状態で「AbemaTV – 株式会社AbemaTV」アプリから、”AbemaNEWS”という番組を4Gの通信環境で1時間再生してみました。

調査条件
スマホ機種 iPhone 6S
通信環境 4G
番組 AbemaNEWS
再生時間 1時間(20:59~21:59)
その他 イヤホン装着(音量は5)、画質設定は「自動で最適化」

調査結果

調査した結果、1時間あたりのモバイルデータ通信量は”256MB”になりました。

iPhoneでAbemaTV
調査結果
モバイルデータ通信量 256MB
バッテリー消費量 11%

1時間あたり256MBということは、モバイルデータ通信量が7GB(=7168MB)に達する時間は、28時間(=7168÷256)と計算できます。

つまり、スマホのデータ容量を7GB/1ヶ月で契約していた場合、1ヶ月に28時間、1日に56分、AbemaTVを視聴すると通信速度制限に引っかかります。

まとめ

1日に56分視聴できるとはいえ、AbemaTVに夢中になりすぎると、あっという間に通信速度制限に引っかかってしまいます。解除するには月末まで待つか、別途通信料を支払う必要があります。

通信速度制限を気にするのなら、できる限りWi-Fi接続しならがAbemaTVを使用することをオススメします。

また、画質設定を「自動で最適化」から「最低画質」に変更することで、モバイルデータ通信量を抑えることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。