本当に広告ブロックアプリでGoogle アナリティクスもブロックされるの?iOS9で検証してみた

iPhone・iPadのiOSバージョンが”iOS9″になってから、”コンテンツブロッカー”という「Webサイト・ブログ上の広告を消す」機能が追加されました。

すでに、コンテンツブロッカーに対応したアプリが数多く提供されており、ユーザー数も増えてきています。

しかし、このアプリは、広告をブロックするだけでなく、Google アナリティクスなど、アクセス解析ツールもブロックするようです。

「広告ブロック機能を使っているユーザーは、Google アナリティクスに訪問者数としてカウントされない。」これは、Webサイト・ブログ管理者にとって大問題です。

なぜなら、Google アナリティクスのデータを見て、モチベーションのアップ、直帰率・平均滞在時間などの改善、リスティング広告の費用対効果の検証、さらには、バナー広告を掲載募集するときの金額設定を行うからです。

また、会社のWeb担当者だと、会議資料に自社サイトの訪問者数・PV・コンバージョン達成率を載せて成果を報告することもあると思います。

だから、Google アナリティクスの数字を信用できなると困る訳です。

では、実際に、どの広告ブロックアプリでGoogle アナリティクスが無効になるのでしょうか?検証してみました。

検証した広告ブロックアプリ

今回、次の4種類「Crystal」「Adblock Plus」「1Blocker」「Ad Blocker」の広告ブロックアプリで「本当にGoogleアナリティクスがブロックされるのか」検証してみました。

それぞれ次のリンクからインストールできます。

検証結果

コンテンツブロッカーをオンにして、iPhone 5S(iOS9.0.2)のSafari(プライベートブラウジング)で「Googleアナリティクスを貼り付けたページ」を開きました。

Googleアナリティクスでカウントされたら「○」、カウントされなかったら「×」を付けています。

検証結果は・・・

アプリ名 結果
Crystal ×
Adblock Plus
1Blocker
Ad Blocker ×

結果、「Crystal」「Ad Blocker」は、Googleアナリティクスを無効にしていました。

「Crystal」は、リリース後、12時間で10万以上ダウンロードされた人気アプリなので、Googleアナリティクスに対する影響は大きそうです。

対策方法

残念ながら、現状「コンテンツブロッカーアプリがGoogle アナリティクスを無効にする問題」の対策方法はないようです。(コンテンツブロッカーを使っているユーザーに記事を見せないようにする方法はあります。→ iOS9の広告ブロック対策!記事を見れなくする「Anti Adblock」の使い方

だから、「Crystal」「Ad Blocker」を使用しているユーザーが1万人訪問しようが、10万人訪問しようが、Googleアナリティクスでは、まったく訪問者数にカウントされません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。