眼精疲労・疲れ目対策!ブルーライトカット方法まとめ

パソコンやスマートフォンの液晶ディスプレイから発せられる”ブルーライト”

紫外線の次に強い光であるブルーライトは、眼精疲労・疲れ目や睡眠障害の原因になると言われています。

実際、僕もブルーライトを削減するアイテムを使うまでは、酷い目の疲れや重い痛みに悩まされていました。

このページでは、僕が試した中で効果のあった”ブルーライトカットするための方法”をまとめてみました。

ブルーライトカットメガネ

ブルーライトカットメガネ

やっぱり、一番お手軽で効果が高いアイテムが”ブルーライトカットメガネ”です。

このメガネをかけてさえいれば、液晶画面の設定をいじることなく、あらゆるディスプレイのブルーライトを大幅にカットしてくれます。

特に、全国展開しているメガネチェーン店「JINS」のブルーライトカットメガネは、つけ心地が良く、効果がかなり高いと実感しました。

今では、パソコン仕事時に手放せないアイテムです。これなしで、Webコミュの運営はできません!

→ 効果絶大!パソコン用ブルーライトカットメガネで目の疲れを軽減

Window/Mac/Linux対応、パソコン用の無料ソフト「f.lux」

f-lux-install1

無料でブルーライトカットの効果を実感したいなら、無料ソフト「f.lux」をパソコンにインストールしましょう。

導入手順は簡単で、「どのぐらいブルーライトを減らすか」を細かく調整できます。また、時間に合わせて自動的にブルーライトカット率を変更させることも可能です。

僕の場合は、この「f.lux」と「ブルーライトカットメガネ」を組み合わせて、目の疲れを軽減させています。

無料ソフト「f.lux」でパソコンのブルーライトカット+おすすめの設定

iPhone/iPadのブルーライトカット機能「Night Shift」

iphone-ios9-3-bluelight-glass

今まで、Apple Storeでは、ブルーライトカットのアプリがありませんでしたが、iOS9.3からブルーライトカット機能「Night Shift」が標準搭載されました。

対応機種は、iPhone 5s以降、iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)。Appleが公式で提供している機能です。

iPhone/iPadをiOS9.3以上にアップデートしていれば、誰でも使うことができます。これで、ブルーライトカットメガネをかけない、外出先でも目の保護ができるようになります。

→ 遂に出た!iOS9.3でブルーライトカット機能「Night Shift」が搭載【iPhone】

スマートフォン用ブルーライトカットフィルム

目の疲れ

最後に、ブルーライトカットフィルムの紹介です。

スマートフォンの液晶保護フィルムに”ブルーライトカット”が付いたものです。

やはり、スマートフォンは、どうしても長時間使ってしまうので、このフィルムを貼って、少しでもブルーライトを削減したいところです。

僕の場合は、この「フィルム」と「iPhoneのNight Shift機能」を組み合わせています。

スマホ(iPhone・Android)用ブルーライトカットフィルムで目の疲れ・睡眠障害対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。