パソコンを使って自宅で仕事!クラウドソーシングのまとめ

「副業で収入を得たい」と思っていても、仕事終わりに、決められた場所と時間で働かなければならないアルバイトは、どうしても無理をしがちです。そのため、本業にも支障が出る可能性もあります。

しかし、クラウドソーシングを使えば、場所と時間に縛られずに仕事ができます。「今日は、残業が長引いて疲れた」という時は、土曜日、日曜日に仕事をずらすことができます。
必要なものは、パソコンとインターネットが繋がる環境だけです。

副業や小遣い稼ぎの手段としてではなく、ゆくゆくはフリーランスとして、
国内旅行をしながら、物価の安い海外で暮らしながら、自由な場所で働くこともできます。

今回は、そんなクラウドソーシングについてまとめています。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングの概要を説明します。
クラウドソーシングとは、企業がインターネットを使って、不特定多数の人に仕事を依頼することです。
仕事がほしい人は、企業が提示している仕事内容、報酬金額、期限などを見てから、応募します。応募した後は、採用通知を待つだけです。

また、あなたのプロフィールを見て、企業が仕事を依頼することもあります。

どんな仕事が見つかるの?

パソコン初心者から上級者まで、幅広い仕事の依頼があります。
下記にクラウドソーシングで見つかる主な仕事を簡単にまとめました。

システム開発
システム開発、プログラミング、データベース構築、スマートフォンアプリ

ホームページ制作
Webサイト制作、HTML・CSSコーディング、SEO対策

デザイン
ロゴ・イラスト・キャラクターのデザイン

語学
英語・中国語・韓国語などの翻訳や通訳

経験・スキル不要
記事を作成するライター、データ入力、アンケート

この他にも様々な仕事を探すことができます。

実際にクラウドソーシングを利用しよう

国内の主要なクラウドソーシングをまとめました。百聞は一見にしかず、実際に利用して、やりたい仕事はあるか、相場はどれくらいか、チェックしてみましょう。

1、クラウドワークス

月間取引額では、日本最大級のクラウドソーシング。上場企業や経済産業省など官庁をはじめ、多くの企業が利用している。

クラウドワークスクラウドワークス

2、ランサーズ

2008年12月に開設した国内で最も歴史のあるクラウドソーシング。


ランサーズ
ランサーズ

3、Job-Hub(ジョブハブ)

人材派遣会社のパソナグループが運営しているクラウドソーシング。


Job-Hub(ジョブハブ)
Job-Hub(ジョブハブ)

4、Craudia(クラウディア)


Craudia(クラウディア)
Craudia(クラウディア)

まとめ

クラウドソーシングは、パソコンの知識や技術が必須というわけではありません。
アンケートの回答やデータ入力など、簡単な仕事からはじめ、徐々に難しい仕事をすることもできます。

特に記事作成は、今までの知識を活かすチャンスです。あなたが経験した旅行先での出来事、子育て、美容、健康食品などを記事にまとめるだけで、報酬がもらえます。

クラウドソーシング市場は、2013年に246億円、2017年には1473億円になると見込まれています。(矢野経済研究所のレポートより)
クラウドソーシングの成長により、自分に合わせた新しい働き方をする人が増えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。