Amazon Fire TVとFire TV Stickの違い(比較)

今まで、スマホやパソコンで利用していた動画配信サービス(プライム・ビデオ、Hulu、Netflixなど)を”自宅のテレビ”で楽しむ。

そのための機器がAmazonランキングでベストセラーになっている

  1. Amazon Fire TV
  2. Fire TV Stick

の2機種です。

しかし、どちらの商品紹介文にも、

  • Amazonの5万タイトルを超える映画やドラマ、アニメを楽しめる
  • プライム・ビデオHulu、Netflix、You Tubeなどを楽しめる
  • 音楽聴き放題サービス「Prime Music」で音楽を聴ける
  • リモコンやゲームコントローラー(別売)を使って、ゲームで遊べる
  • Amazon Cloud Driveやスマホでとった写真を大画面で楽しめる

と書かれており、価格は倍以上の差があるのに、違いがイマイチ分かりません。

そこで、この記事では、「Amazon Fire TV」と「Fire TV Stick」の違いをまとめてみました。

Amazon Fire TVとFire TV Stickを比較

次がAmazon Fire TVとFire TV Stickの比較表です。

Amazon Fire TVとFire TV Stickの比較表
Amazon Fire TV Fire TV Stick
商品写真
価格 11,980円 4,980円
CPU MediaTek クアッドコア最大 2.0 GHz MediaTek クアッドコア最大 1.3 GHz
メモリ 2GB 1GB
ストレージ 8GB 8GB
外部ストレージ microSDスロット なし
解像度 最大 4K Ultra HD 最大 1080p
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
有線LAN接続 あり なし
USBポート USB 2.0 なし
音声認識リモコン あり あり
音声認識付きリモコンアプリ あり あり
ゲーム カジュアルゲーム ハイパフォーマンスゲーム

比較表を見て分かる違いは、

  1. CPU
  2. メモリ
  3. 外部ストレージ
  4. 解像度
  5. 有線接続
  6. USBポート
  7. ゲーム

の7つです。

いずれもAmazon Fire TVの方が優れており、この辺が価格に反映されています。

Amazon Fire TVの優れている点

では、具体的に「どのような点でAmazon Fire TVの方が優れているのか」見ていきましょう。

何でもサクサク動く

Amazon Fire TVは、性能を大きく左右する

  • CPU
  • メモリ

が優れています。

だから、リモコンのボタンを押したり、動画を再生したり、アプリを起動したり、どの動作でも動きが速く、レスポンスがとても良いです。

Fire TV Stickは、Newバージョン登場によって、性能がぐっとアップしましたが、Amazon Fire TVと比べると、まだまだ”CPUのクロック数”や”メモリ容量”が劣っています。

新型Fire TV Stick(New モデル)が登場!旧モデルと比較・違い

ハイパフォーマンスゲームが遊べる

Amazon Fire TVは、性能が高いことで、ハイパフォーマンスゲームも、もっさりすることなく、快適に遊べるようになっています。

また、遊べるゲームの本数自体、Fire TV Stickより、約400本多くなっています。

ゲームメインで購入するなら、断然Amazon Fire TVです。

ゲームコントローラーを購入すれば、FINAL FANTASYやソニックなどのゲームを遊ぶときも快適です。

microSDスロットで容量を増やせる

Amazon Fire TVとFire TV Stickは、どちらも本体容量が8GB(使用可能なのは4.5GB)です。

しかし、ゲームやアプリをたくさん楽しみたいヘビーユーザーは、これだけの容量では足りないでしょう。

Amazon Fire TVなら、microSDを挿入して、最大200GBまで容量を増やせます。

Fire TV Stickのように、本体容量を気にしたり、「容量が足りないから、何かいらないアプリを消す必要がある・・・」という事にはなりません。

いくらアプリをダウンロードしてもOKです。

4K画質に対応している

Fire TV Stickは、フルHD画質までの対応ですが、Amazon Fire TVは4K画質まで対応しています。

自宅で4K対応テレビを使っているなら、フルHD画質の4倍の解像度で、より美しい映像で映画やドラマを楽しむことができます。

最近は、動画見放題サービスのAmazonプライム・ビデオやNetflix、dTVなどで4K配信動画が増えてきています。

有線LAN接続に対応している

Amazon Fire TVは、インターネットの有線LAN接続(LANケーブルを使った接続)に対応しています。

だから、自宅のインターネット環境が”有線LAN接続だけ”っていう場合もOKです。

また、無線LAN接続(Wi-Fi)と比較すると、インターネットの通信速度が速いため、アプリのダウンロードが速かったり、動画の読み込みもスムーズなメリットがあります。

安定性も高いので、途中でネットが途切れることもありません。

まとめ

Amazon Fire TVを購入するメリットは、

  1. あらゆる動作が快適
  2. ハイパフォーマンスゲーム(負荷が高いゲーム)が遊べる
  3. microSDで容量を最大200GBまで増やせる
  4. 4K画質に対応している
  5. 有線LAN接続で動画の読み込みが速く、画質も安定する

の5つです。

「映画やドラマを4K画質で楽しみたい」「ゲームをいっぱい楽しみたい」なら、Amazon Fire TVが断然おすすめです。

逆に「動画を楽しむことがメイン。4K画質には対応していなくていい」「ホテルなどに持ち運びたい」なら、価格の安いFire TV Stickを購入した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。