ガラケーユーザーがパソコンでスマートフォン画面を確認する方法

GoogleがWebサイトのスマートフォン対応の有無をランキング要素に追加してから、対応を進めている方も多いと思います。

※詳しくは、『スマートフォン対応がSEO対策で必須に!Googleがランキングに反映』を見てください。

しかし、スマートフォンを持っていない、ガラケーユーザーは、どのようにWebサイト・ブログのスマートフォン画面を確認すればいいでしょうか?

このページでは、パソコンで様々な種類のスマートフォン画面を確認する方法を紹介しています。

スマートフォン画面を確認する方法

さっそく、パソコンでスマートフォン画面を確認する方法を見ていきましょう。

1、Google Chromeを起動

まずは、Google Chromeを起動してください。

Google Chrome

Google Chromeはこちらからインストール可能です。

2、確認したいページを開く

次に、スマートフォン画面を確認したいページを開いてください。

Webコミュのトップページ

※例として、当ブログのトップページを開いています。

3、要素を検証

右クリックをしてから、「要素の検証」を選んでください。

要素の検証

※「Ctrl + Shift + I」または「F12」でもOKです。

4、スマートフォンのアイコンをクリック

次のような画面(「Chrome デベロッパーツール」といいます)が表示されるので、スマートフォンのアイコンをクリックしてください。

スマートフォンのアイコン

5、スマートフォンの種類を選ぶ

Deviceから「スマートフォンの種類」を選びましょう。

Apple iPhone6

▲iPhone6を選びました。

6、更新ボタンをクリック

選択したスマートフォンを反映させるために、「更新ボタン」または「F5」を押しましょう。

更新

7、スマートフォン画面が表示されました

次のように、スマートフォンでブログを表示したときの画面になりました。もちろん、スクロールも可能なので、正しく表示されているかを確認しましょう。

スマートフォン画面

スマートフォンの通信速度を確認する方法

自宅で光回線やWi-Fi環境でインターネット接続するパソコンと比較すると、屋外で使用するスマートフォンは、インターネットの通信速度が遅くなることが多いです。

そのため、スマートフォンの環境でも、Webサイト・ブログをサクサク表示できるかを確認する必要があります。

1、ネットワークの種類を選ぶ

Networkから「ネットワークの種類」を選びましょう。

WiFi(30 Mbps 2ms RTT)

今回は、MMD研究所「2014年9月iPhone6 全国20都市125箇所通信速度調査」を参考に、日本におけるスマートフォンの通信環境に最も近そうな「WiFi(30 Mbps 2ms RTT)」を選択しました。

メッセージの意味は、それぞれ次のとおりです。

Maximum download throughput:30Mbps(ダウンロード速度は、最大30Mbps)
Minimum round-trip time:2ms(応答時間は、最小2ミリ秒)

おそらく、こちらの選択ボックスの内容は、通信速度が日本ほど速くないアメリカのインターネット環境に合わせていると考えられます。

2、更新ボタンをクリック

最後に、「更新ボタン」または「F5」を押すと、先ほど選択した「ネットワーク」の通信速度でWebサイト・ブログが表示されます。

もし、ここで表示速度が遅い場合は、スマートフォンで表示させたときも、表示速度が遅いという意味です。

2014年(通期)の日本国内スマートフォンシェア

最後に、どの種類のスマートフォンの表示を確認すればいいかを知るために、2014年(通期)の日本国内スマートフォンシェアを紹介します。

次の表を見ると、Appleが58.7%と過半数以上を占めています。2人に1人は、iPhoneを使っているということですね。つまり、Webサイト・ブログをスマートフォン対応させるなら、iPhoneでどのように表示されるかは、必ず確認するべきということです。

2014年スマートフォンのメーカー別シェア

出典:IDC Japan株式会社「2014年第4四半期および2014年 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。