Google AdSenseの広告ラベルは、「広告」と「スポンサーリンク」以外は使っちゃダメ

Webサイト・ブログにGoogle AdSense(グーグル アドセンス)を配置するときは、訪問者が「コンテンツ(記事の内容)」と「広告(Google AdSense)」を簡単に区別できるように、広告ラベルを表記する必要があります。

つまり、「これは、広告ですよ~」と分かるようにしなければなりません。

広告ラベル名について

この広告ラベル名についてですが、この記事のタイトルにもあるように「広告」と「スポンサーリンク」以外は、使ってはいけません。

このことは、Googleの”AdSense ヘルプ”に記載されています。

広告ラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。それ以外のラベルは許可されません。
出典:広告の配置に関するポリシー – AdSense ヘルプ

「それ以外のラベルは許可されません。」は、Google AdSenseのからの収益が多い人にとっては、結構な脅し文句ですね。

とは言え、色々なブログを見ていると、「スポンサーリンク」とか「スポンサードリンク」とか「Sponsored Link」とか「Ads」とか「広告」とか色々な広告ラベルが使われています。ちなみに、スポンサードリンクという表記が多いのは、昔のAdSense ヘルプには、「スポンサードリンク」と記載されていたからです。

別のラベル名でも、一応、問題はないようです。(何かしらの影響はあるかもしれませんが。)私も、以前は別の広告ラベル名を使っていましたが、警告は一度もありませんでした。

一番重要なのが、訪問者が「記事の内容」と「広告」を間違えないようにすることです。

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google 広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。
出典:広告の配置に関するポリシー – AdSense ヘルプ

絶対に使ってはいけない広告ラベル名

広告ラベル名について、ある程度は、柔軟に決めても良いとは思いますが、絶対に使ってはいけない広告ラベル名もあります。

次のような表現を使用して、広告をクリックするようユーザーを誘導することは許可されません。

  • 「広告をクリック」
  • 「広告にアクセスして、チャリティ活動に募金」
  • 「スポンサーをチェックして、サイトの運営にご協力を」
  • 「新しいサーバーが必要です。ご協力をお願いします!」

出典:広告の配置に関するポリシー – AdSense ヘルプ

上記に挙げているような広告ラベル名は、絶対に使ってはいけません。最悪の場合、ペナルティとして、Google AdSenseが利用停止になる可能性があります。

まとめ

特殊な事情がない限りは、Google AdSenseの広告ラベルに「広告」または「スポンサーリンク」を使用する。

「記事の内容」と「広告」の境界が分からないような広告配置をしてはいけない。ましてや、訪問者を広告に誘導する行為は、絶対にNG。

最悪の場合、Google AdSenseが利用停止になる可能性あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。