【Google AdSense】広告のクリックがないのに収益が発生している件

Google AdSenseの収益をチェックしていると、クリック回数が0なのに、1円~数十円の収益がありますが、あれって何でしょうか?

その正体は「インプレッション単価(CPM)」「アクティブビューのインプレッション単価」「エンゲージメント単価制」です。

アフィリエイト初心者にとっては、あまり聞き慣れない用語が出てきましたね。もう少し、分かりやすく解説していきましょう。

Google AdSenseには4種類の広告がある

まず、知ってもらいたいのは、Google AdSenseには4種類の広告があるということです。

・クリック単価(CPC)
・インプレッション単価(CPM)
・アクティブビューのインプレッション単価
・エンゲージメント単価制

クリック単価(CPC)

訪問者が広告をクリックすると、広告料金が課金されます。広告のクリック回数が多ければ多いほど、収益が増えていきます。

CPC

広告がクリックされない場合、収益は0円となります。

※CPC = Cost Per Clickの略

インプレッション単価(CPM)

広告が訪問者の画面に表示された回数に応じて、広告料金が課金されます。広告の表示回数が多ければ多いほど、収益が増えていきます。

CPM

広告がクリックされなくても、収益はあります。ただし、たくさんクリックされても、収益は増えていきません。

※CPM = Cost Per Thousand impressionsの略

アクティブビューのインプレッション単価

インプレッション単価と同じく、広告が訪問者の画面に表示された回数に応じて、広告料金が課金されますが、一つだけ条件があります。

それは、広告の少なくとも半分が1秒以上画面に表示された場合のみ、広告料金が課金されることです。

アクティブビューのインプレッション単価

エンゲージメント単価制

例えば、訪問者が広告に2秒間カーソルを合わせて、広告を展開した場合に、広告料金が課金されます。

エンゲージメント単価制については、次の動画が分かりやすいです。

広告の種類別に収益を確認する方法

まずは、Google AdSenseの「パフォーマンスレポート」を開きます。

パフォーマンスレポート

レポートタイプを「日別」から「入札単価タイプ」に切り替えます。

入札単価タイプ

広告の種類別に「表示回数」「クリック数」「インプレッション収益」「アクティブビュー視認可能」「見積もり収益額」が確認できます。

入札方法

まとめ

なぜ、クリック回数が0なのに収益があるのか?それは、Google AdSenseの収益は、広告のクリック回数だけでなく、広告の表示回数も関係してくるからです。

とは言うものの、Google AdSenseの広告の種類を、Webサイト・ブログ運営者が指定することはできないので、あまり気にする必要はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。