無料で使える!Google日本語入力であらゆる作業を効率化

パソコンのあらゆる作業を効率的にするGoogle日本語入力を紹介します。

Google日本語入力とは、Google社が提供している無料の文字入力ソフトです。

「パソコンで資料を作成しているとき、専門用語や地名が思いどおりに変換できない。」「インターネットで検索をしているとき、最近話題の言葉が変換候補にでてこない。」そんな不満を解消します。

文字入力ソフトを変更できることを知らない方、とにかく便利です。文字入力が楽しくなります。簡単に導入できますので、是非、試してみてください。

目次

1、Google日本語入力の素晴らしい機能

2、Google日本語入力の仕組みと個人情報について

3、Google日本語入力の導入方法

4、Google日本語入力の設定

1、Google日本語入力の素晴らしい機能

さっそく、Google日本語入力がどれほど優れているか見ていきましょう。

専門用語を賢く変換

例えば、「いしょうず」と入力すると、「意匠図」が変換候補にでてきます。
専門用語の変換
※意匠図とは、建物の間取り・デザイン関係を表した図面という意味の建築用語です。

郵便番号を変換

例えば、「100-8924」と入力すると、「東京都千代田区永田町 国立国会図書館」が変換候補にでてきます。

郵便番号の変換

日付を変換

例えば、「今日」と入力すると、「2014/10/13」「2014-10-13」「2014年10月13日」「平成26年10月13日」が変換候補にでてきます。

日付の変換
※「明日」と入力すれば「2014/10/14」、「昨日」と入力すれば「2014/10/12」、「時刻」と入力すれば、現在の時刻が変換候補にでてきます。

スペルの分からない英単語を変換

例えば、「アンダースタンド」と入力すると、「Understand」が変換候補にでてきます。

英単語の変換

計算結果を変換

例えば、「99*55=」と入力すると、計算結果の「5445」が変換候補にでてきます。

計算

間違いやすい言葉を変換

例えば、「ふいんき」と入力すると、「雰囲気<もしかして:ふんいき>」と正しい読み方と一緒に変換候補がでてきます。

間違いやすい漢字の変換

この他にも旬の芸能人、お笑いコンビの名前やアニメ、ゲームに登場するキャラクター、音楽アーティストまで、あらゆる単語をスムーズに変換してくれます。
ちなみに、現在(本記事の執筆時)に流行している妖怪ウォッチですが、Google日本語入力で「ようかいう」と入力すると変換候補に「妖怪ウォッチ」と表示されます。

また、Google日本語入力は、あなたが頻繁に入力する言葉を学習し、変換候補にとして表示させます。つまり、使えば使うほどスムーズに文字入力ができるようになります。

2、Google日本語入力の仕組みと個人情報について

なぜ、Google日本語入力は精度が高いのか、仕組みについて、簡単に解説しよう。

Google日本語入力では、他の文字入力ソフトとは違い、インターネット上の大量のデータから自動的に辞書を生成しているのが特徴です。

つまり、GoogleやYahoo!で検索で入力しているキーワードが使われているのです。
そのため、広辞苑に載っている単語だけでなく、最近、流行している単語や多くの人が使っている言葉が変換候補に反映されています。

もちろん、インターネットに繋がっていないパソコンでも使用可能です。

ここまで読むと「無料だけど個人情報などは、大丈夫かな。」と気になる方もいると思いますが、
Google日本語入力公式サイト上で「Google日本語入力を通じて入力された単語や文章が送信されることはありません。」と明記されていますので、ご安心ください。
Google日本語入力「よくある質問」

3、Google日本語入力の導入方法

  1. Google日本語入力ページに移動します。
    Google日本語入力ページへはこちらをクリック』してください
  2. 「Google日本語入力をダウンロードする」ボタンをクリックしてください。
    Google日本語入力
  3. 「同意してインストール」をクリックしてください。
    Google日本語入力のインストール
    ※「オプション: 使用状況データと障害レポートを Google に自動送信して Google 日本語入力の機能向上に役立てる。」というチェックマークがありますが、こちらは任意となります。よく分からなければ、チェックを入れなくていいです。
  4. ダウンロードされた「GoogleJapaneseInputSetup」をダブルクリックしてください。
    GoogleJapaneseInputSetup
  5. 「インストールが完了しました」とでれば、成功です。
    インストールが完了

4、Google日本語入力の設定

インストール後は、設定を触らなくても快適に使えますが、用途によっては設定が必要な場合がありますので、基本的な設定を解説します。

文字入力ソフトの切り替え

もし、元の文字入力ソフトに戻したいのなら、簡単に切り替えることも可能です。

右下に表示されている言語バーのアイコンをクリックし、元の文字入力ソフト「Microsoft IME」を選択するだけです。

Microsoft IMEに切り替え

設定画面の開き方

設定画面は、「ツール」ボタンをクリック、「プロパティ」を選択して、開くことができます。

Google日本語入力の設定方法

よく入力する単語を表示させない(サジェスト機能のOFF)

「Google日本語入力は、あなたが頻繁に入力する言葉を学習し、変換候補にとして表示させます。」と解説しましたが、場合によっては表示させたくない場合があります。
例えば、職場の上司や家族が見ている前で文字入力をする場合です。

そんな時は、「ツール」ボタンをクリック、「プロパティ」を選択、「サジェスト」タブをクリックして、「入力経歴からサジェスト自動表示を有効にする」のチェックを外せば、学習した言葉を変換候補に表示さないようにできます。

サジェスト機能の停止

単語登録

私は、あまり使いませんが、単語登録機能も使えます。使うためには、「ツール」ボタンをクリック、「単語登録」を選択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。