Google Play Musicをオフライン再生して通信量を使わない設定方法

Google Play Musicなど、定額制音楽配信サービスを使う上で気になるのが、「通信速度制限に引っかからないかどうか」です。

一度、通信速度制限に引っかかると、解除されるまでの間、インターネット検索、動画再生、マップ、テレビ電話、ゲームなど、あらゆる動作が遅くなってしまいます。

そこで、このページでは、Google Play Musicをオフライン再生にして”データ通信量を使わないようにする”設定方法を紹介します。

※ここで紹介する方法は、Wi-Fi環境がある方を前提としてます。

データ通信量を使わないようにする設定方法

まず、左上の「三」からメニューを開き、「設定」をタップします。

設定

最後に、「Wi-Fiのみでストリーミング」をオンにしてから、「完了」をタップします。

Wi-Fiのみでストリーミング

これで、Google Play Musicのデータ通信量を使わないようにする設定は完了です。

Wi-Fi接続しているときは、通常の画面。
Wi-Fi接続していないときは、端末に保存されている、データ通信量を使わない音楽のみ再生できます。

Wi-Fi接続時・非接続時

端末に音楽を保存する方法

ここからは、音楽をAndroid、iPhone、iPadなどの端末に保存する方法を解説していきます。

アルバム

アルバムの楽曲すべてを端末に保存するには、オプションを開き、「ダウンロード」をタップすれば完了です。

ダウンロード

アルバムを開いているときに、「↓」のアイコンをタップしても、楽曲を端末にダウンロードできます。

アルバムをダウンロード

プレイリスト

まず、普通に楽曲を「プレイリストに追加」します。

プレイリストに追加

次に、「ライブラリ」に移動します。端末に保存したい「プレイリスト」のオプションを開き、「ダウンロード」をタップ。

プレイリストをダウンロード

今回は、「リスト」という名前のプレイリストを端末にダウンロードしました。今後は、「リスト」に楽曲を追加すると、自動で楽曲が端末にダウンロードされるようになります。(これは、かなり便利な機能です。)

Wi-Fiの繋がらない外出先で聴きたい音楽は、すべて端末に保存しておきましょう。

最後に

今回紹介した「データ通信量を使わないようにする設定方法」さえしておけば、通信速度制限を考えることなく、Google Play Musicで音楽を好きなだけ楽しめます。

これで、定額制・音楽配信サービスにありがちな「通信速度制限に引っかかって、しばらくの間、通信速度が激遅の128kbpsしかでない・・・」という状況にならずに済みそうです。

オフライン再生機能は、Apple Music、LINE MUSICでもありますが、Google Play Musicの場合、「Wi-Fi接続をしているかどうか」状況に応じて、オンライン再生用画面とオフライン再生用画面が自動で切り替わるので、操作性(UI)がとても良いと感じました。

外出先で頻繁に音楽を楽しむなら、操作性の良い「Google Play Music」はおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。