【無料】地盤調査ツール「地盤カルテ」で浸水・土砂災害・液状化・地震危険度を1分で調査

これから、新築一戸建て住宅・分譲住宅・土地など、不動産の購入を検討している方。

“地盤の良し悪し”は判断材料に入っているでしょうか?

僕が工務店で働いていたときに学んだこと。それは、家を建てる上で「地盤」は、とても重要な要素ということです。

地盤とは、建築物の基礎となる”土地”をいいます。

今までは、住宅を建てるとき、なによりも建物そのものを支える”基礎”が最も大切とされてきましたが、今では、その基礎を支える”地盤”も同じぐらい重要と考えられています。

地盤の良し悪しは、地域によって異なります。

もし、軟弱な地盤に家を建てると、地震に弱く、揺れも大きくなり、「破損・倒壊」や家が傾く「液状化現象」など、地震危険度が高まります。

そんな軟弱な地盤に対しては、セメント系固化材を散布したり、地中に柱状の杭を打つなど、地盤改良(人工的に強固な地盤を作ること)が必要になりますが、工期が長くなる上、費用も高くなってしまいます。

だから、家探し・土地探しの段階で、「どの地域の地盤が強いか」を考慮することも大切です。

今回は、そんな大切な地盤情報を調べるのに便利な「地盤カルテ」というサービスを紹介します。

地盤カルテとは

地震カルテとは、地盤ネットホールディングス株式会社が運営している”地盤災害リスク”を調べるための無料ツールです。

「日経ホームビルダー」「TBSのがっちりマンデー!!」「テレビ東京のワールドビジネスサテライト」など、各メディアでも取り上げられ、利用者急増中のサービスとなっています。

地盤カルテを使えば、住所を入力するだけで、誰でも簡単に全国の「改良工事率」「浸水リスク」「地震による揺れやすさ」「土砂災害危険リスク」「液状化リスク」の5項目を調べることができます。

診断結果はメールで届きます。結果は、5段階で評価されるので、専門的な知識がなくても、土地のリスク情報をパッと把握できるようになっています。

地盤リスクの総合目安

地盤カルテの使い方

地震カルテのサイト』を開いてから、住所を入力し、送信ボタンをクリックします。

地盤カルテ

今回は、東京タワーの地盤を調査します。※地盤カルテは、日本国内のみ対応しています。

必要事項を入力してから、送信ボタンをクリックします。

必要事項

個人だけでなく、法人の利用もOKです。

すると、「地盤ネット簡易レポート」がすぐに表示されます。また、先ほど入力したメールアドレスにも同じレポートが届きます。

地盤ネット簡易レポート

SAFETY SCORE(安全スコア)

東京タワーのSAFETY SCORE(安全スコア)は、100点満点中80点でした。

ちなみに、全国平均点は63点です。今回、平均は上回っています。

(僕の住んでいる家は、安全スコアが90点でした。)

地盤リスクの総合目安とリスクの目安

「地盤リスクの総合目安」のグラフの読み方について、グラフの線が外側なほど、「A」ランクに近づくほど、安全度が高くなります。

「リスクの目安」のグラフの読み方について、棒グラフが高いほど、リスクが高い。つまり、危険性が高くなります。東京タワーは、「地盤による揺れやすさ」が一番の懸念です。

地盤リスクの総合目安

地質

地質は、「約70万円前~15万円前に形成された地層」です。東京タワーが建っている土地は、埋め立て地ではなさそうです。

ちなみに、お台場などの埋め立て地は、「人工的に作られたり、改装された土地」となり、安全スコアも低くなります。(お台場のフジテレビは安全スコア45点)

公示価格

公示価格とは、土地価格の目安です。国土交通省が毎年3月下旬に発表しています。

ちなみに、記事執筆時の公示価格は、東京都が平均が87.6万円/1m²、大阪府が平均23.8万円/1m²、愛知県が平均15.4万円/1m²、福岡県が平均11.5万円/1m²です。

地盤安心マップ

地盤カルテでは、地質・災害経歴などが一目で分かる『地盤安心マップ』も提供しています。

地図の表示形式(標高マップ、地形区分図、日本シームレス地質図など)を変えながら、拡大縮小しながら、調べたい場所の地盤を簡単に調べることが可能です。過去の航空写真を見たり、活断層の位置も確認できます。

地盤安心マップ

地盤改良が必要な地域は「▲」、不要な地域は「●」で表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。