光コラボレーションモデルとは?ネット通信費用を節約・安くなる理由を徹底解説

2015年2月1日より、NTT東日本・NTT西日本が提供を開始した「光コラボレーションモデル」を知っていますか?

「言葉は聞いたことあるけど、仕組みがややこしい」と感じている方も大勢いるでしょう。

とにかく、覚えてほしいのは、光コラボレーションを活用することで、家庭の「インターネット」「電話」の通信費用が安くなるということです。

では、なぜ、そう言い切れるのか理由を見ていきましょう。

価格競争が生まれる

一番の理由はこれです。

光コラボレーションモデルによって、NTT東日本・NTT西日本による「フレッツ光」の独占販売が解消され、価格競争が生まれます。

従来のモデルと光コラボレーションモデルの違い

「独占販売が解消される」とは、どういうことでしょうか?

従来のモデルでは、OCN、So-net、@niftyなどの「プロバイダ(販売代理店)」がフレッツ光の契約取次を行い、利用者は、NTT東日本・NTT西日本と利用契約・料金支払いをしていました。つまり、フレッツ光を利用する際は、必ずNTTグループと契約を結ばなければならなかったのです。

光コラボレーションモデルでは、NTT東日本・NTT西日本が「フレッツ光」を100社以上ある販売希望事業者に「卸し」ます。利用者は、数ある販売希望事業者から1社を選択して、利用契約・料金支払いをします。つまり、フレッツ光を利用する際は、複数の会社から1社を選んで、契約を結べます。

【まとめ】
今まで、”フレッツ光”を利用しようと思ったら、「NTT東日本・NTT西日本」と契約するしかありませんでしたが、これからは、「販売希望事業者」100社以上から選んで契約ができます。

なぜ、価格競争が生まれるの?

まだ、ピンとこない方のために、「なぜ、利用者に複数の選択肢があれば、価格競争が生まれるのか」もっと分かりやすく解説していきます。

例えば、東京から大阪の実家に帰省する場合を考えてください。

もし、交通手段が「新幹線のみ」で「片道料金が2万円」だったら、どうでしょうか?

新幹線

他に交通手段がなければ、いくら高額でも支払わなければなりませんね。

次に、交通手段に「飛行機」が加わり、「片道料金が1万5000円」だったら、どうでしょうか?

新幹線と飛行機を比較

「新幹線(片道2万円)」より「飛行機(1万5000円)」の方が安くなったので、今度は「飛行機」を利用すると思います。

しかし、これでは、新幹線の利用者が減少するので、新幹線会社は困ってしまいます。

そこで、利益を少し減らして、片道料金を1万4000円にしました。

東京から大阪を新幹線と飛行機で移動

「飛行機(片道1万5000円)」より「新幹線(片道1万4000円)」の方が安くなったので、新幹線の利用者が増えます。

実際には、価格面だけでなく、新幹線・飛行機を提供する会社は、椅子の座り心地を良くしたり、機内サービスを充実させたり、サービスを向上させて、利用者を増やそうとします。

これが価格競争であり、価格競争が生まれることで、料金が安くなったり、サービスの品質が向上します。

例:従来のモデルから「OCN光」に乗り換えたとき

例として、従来のモデルから「OCN光」に乗り換えたとき、どのぐらい料金が安くなるのかシュミレーションしてみました。

従来のモデル(OCN 光 with フレッツ) 光コラボレーションモデル(OCN光)
1年目の月額料金 5,800円 4,600円
2年目以降の月額料金 5,800円 5,100円
2年間の合計金額 139,200円 116,400円

光コラボレーションモデル(OCN光)に乗り換えた場合、同じサービス内容なのに、2年間で22,800円も安くなります。

さらに、「OCN モバイル ONE」を利用中の方は、月額使用料が200円割引になるサービスもあります。

詳しくは、『OCN 光』のホームページをご覧ください。

※2015年8月28日時点調べ

光コラボ「OCN光」に転用(乗り換え)でフレッツ光の料金を安く!比較・評判

スマートフォン・格安SIMとセット割

次に、家庭の「インターネット」「電話」の通信費用が安くなる理由は、セット割があることです。

光コラボレーションモデルの中には、「フレッツ光回線」と「スマートフォン・格安SIM」をセットで契約することで、月々の利用料金が安くなる「セット割」が存在します。(auスマートバリューと同じような仕組です。)

有名どころの「セット割」でいうと、「ドコモ光パック」が挙げられます。

これは、株式会社NTTドコモが提供する「スマートフォン」とインターネット光回線「ドコモ光」をセットで契約したときに、受けられる割引です。このセット割では、「光シェアパック30(30GB/月)」プランを契約している場合に、スマートフォンの月額料金が最大3200円安くなります。

他にも、さまざまな会社が多種多様な「セット割」を提供しています。

国内3大キャリアのセット割

参考までに、国内3大キャリアである「NTTドコモ」「au」「SoftBank」が提供しているセット割をまとめてみました。

NTTドコモ「ドコモ光パック」

光コラボレーションモデルの「ドコモ光」と「NTTドコモのスマートフォン」を契約したときに、受けられるセット割です。

プラン名 データ容量 割引額
光データSパック 2GB 500円/月の割引
光データMパック 5GB 800円/月の割引
光データLパック 8GB 1,000円/月の割引
光シェアパック10 10GB 1,200円/月の割引
※代表回線のみ
光シェアパック15 15GB 1,800円/月の割引
※代表回線のみ
光シェアパック20 20GB 2,500円/月の割引(一戸建て)
2,400円/月の割引(マンション)

※代表回線のみ
光シェアパック30 30GB 3,200円/月の割引(一戸建て)
3,000円/月の割引(マンション)

※代表回線のみ

au「auスマートバリュー」

「au光」と「auのスマートフォン」を契約したときに、受けられるセット割です。※光コラボレーションモデルではありません。比較のために掲載しました。

プラン名 データ容量 割引額
データ定額2 2GB 934円/月の割引
データ定額3 3GB
データ定額5 5GB 1,410円/月の割引
(3年目以降は934円/月の割引)
データ定額8 8GB
データ定額10 10GB 2,000円/月の割引
(3年目以降は934円/月の割引)
データ定額13 13GB

※auスマートバリュー(セット割)の適用には、「ひかり電話」の加入が必須

auひかりの高額キャッシュバック&auスマートバリューで通信費を安く・お得に

SoftBank「スマート値引き」

光コラボレーションモデルの「SoftBank 光」と「SoftBankのスマートフォン」を契約したときに、受けられるセット割です。

プラン名 データ容量 割引額
データ定額パック・小容量 2GB 500円/月の割引
データ定額パック・標準 5GB 1,522円/月の割引
(3年目以降は1,008円/月の割引)
データ定額パック・大容量 10GB 2,000円/月の割引
(3年目以降は1,008円/月の割引)

※スマート値引き(セット割)の適用には、「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「ホワイト電話(基本プラン)」の3つのオプション(実質500円/月)の加入が必須

SoftBank光新規申込で最大20,000円、他社転用で最大7,000円キャッシュバック!

違約金について

フレッツ光を契約中の多くの方は、割引を適用するために「2年契約」や「3年契約」で契約していると思います。

普通、このような契約内容の場合、途中で解約すると高額の違約金が発生します。例えば、NTT西日本のどーんと割を適用中に解約すると、最大3万円の違約金が発生してしまいます。

しかし、安心してください。

光コラボレーションモデルに転用する場合、フレッツ光の違約金は一切かかりません。

これは、「従来のモデル」から「光コラボレーションモデル」に転用しても、そのまま、NTTグループが提供する光回線を利用するからです。

ただし、プロバイダーの違約金が発生する可能性があります。

とはいっても、プロバイダーの違約金は3000円~6000円程度なので、光コラボレーションモデルの月額料金の安さを考慮すれば、すぐに元は取れると思います。

※転用とは、従来のモデル(NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光)から「光コラボレーションモデル」に契約を変更することをいいます。

工事費用について

現在、「フレッツ光ネクスト」を契約している方が、光コラボレーションモデルに転用した場合は、そのまま同じ設備を使うので、基本的に工事費用はかかりません。

※フレッツ光プレミアムなど、他のプランを契約している場合は、光コラボレーションモデルを提供する事業者によって、工事費用が必要かどうか違ってきます。

電話番号の引き継ぎについて

現在、フレッツ光の「ひかり電話」を利用している場合、光コラボレーションモデルに転用しても、そのまま同じ電話番号を引き継ぐことができます。

ただし、その後、別の事業者に乗り換えるときは、電話番号を引き継げない可能性があるので、注意が必要です。

光コラボレーションの月額料金を比較

最後に、光コラボレーションモデルを提供する事業者の月額料金をまとめてみました。

光コラボレーションモデルの月額料金を比較
種類 戸建て
(ファミリー)
マンション 特典・割引
excite光 4,360円 3,360円
【U-NEXT光】 4,980円
(にねん割 適用時)
3,980円
(にねん割 適用時)
U-mobileのセット割引
OCN 光 5,100円
(2年自動更新型割引 適用時)
3,600円
(2年自動更新型割引 適用時)
事務手数料無料
戸建て→12ヶ月間 500円/月 割引
マンション→12ヶ月間 500円/月 割引
OCN モバイル ONE→200円/月 割引
【So-net 光 コラボ】 5,100円
(So-net 長割 適用時)
4,000円
(So-net 長割 適用時)
戸建て→毎年100円/月ずつ割引(最大400円/月 割引)
マンション→毎年50円/月ずつ割引(最大200円/月 割引)
ビッグローブ光 5,180円 4,080円 戸建て→1ヶ月目 3000円 割引、2~31ヶ月 500円 割引
マンション→1ヶ月目 3000円 割引、2~31ヶ月 400円 割引

※2015年8月28日時点調べ

口コミ・評判

NTTの光回線を「販売希望事業者」がそのまま仕入れる仕組みなので、インターネットの品質はまったく同じハズなのですが、ネットの口コミ・評判を読んでいると、

  • 光コラボレーションモデルにしてから、インターネットの速度が遅くなった。
  • サポートの電話が繋がりにくい。

などの声が目立ちます。

どうやら、回線の品質は同じですが、プロバイダーの設備不足で速度が低下する可能性があるようです。(もちろん、光コラボでインターネットの速度が上がったという口コミもあります。)

最後に

光コラボレーションモデルは、NTTの独占状態を解消し、幅広い事業者が参入することで、様々なサービスが生まれることを目指しています。

例えば、スマートフォンのセット割りなどを活用することで、よりお得にインターネットを使うことができます。

「インターネットの通信費用が高くて悩んでいる」という方は、ライフスタイルにピッタリのサービスを探してみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。