パソコンでお馴染み無料広告ブロック「Adblock Plus」がiOS版で登場

ブラウザ(Google Chrome、Mozilla Firefoxなど)の拡張機能・アドオンでお馴染みの広告ブロック機能「Adblock Plus」が”iOS”で登場しました。

Adblock Plusを使えば、”無料”でWebサイト・ブログ上の広告を消すことができます。さらには、マルウェア(悪意のあるプログラム)、行動追跡ツールも根こそぎブロックします。

※iPhone・iPadで広告ブロック機能を使うには、iOS9以上にする必要があります。

Adblock Plusの使い方

Apple Storeから「Adblock Plus (ABP) – Eyeo」をインストールします。

Apple Store

Adblock Plusを開くと、英語でアプリの紹介が始まります。下部の「Got it」をタップ。

Got it

次に、「Configure Safari」をタップしたら完了です。

Configure Safari

「控えめな広告」を非表示にする

最初の設定では、「控えめな広告」が表示されるようになっています。

この「控えめな広告」を表示させないようにするには、画面下部の「アイコン」から「Adblock Plus」の設定画面を開きます。

設定

次に「Acceptable Ads」をタップ。

Acceptable Ads

最後に、「Allow some non-intrusive ads」を”オフ”にすれば、設定完了です。

Allow some non-intrusive ads

コンテンツブロッカーの設定

「Adblock Plus」で広告ブロックをするには、次の設定も必要です。

まず、設定アプリを開きます。

「Safari」→「コンテンツブロッカー」と進み、「Adblock Plus」をオンにすれば、完了です。

コンテンツブロッカー

「Adblock Plus」の効果

ハムスター速報を開いて、「Adblock Plus」の効果を確かめてみました。

右が「Adblock Plus」を有効にしたときの様子です。追跡型広告とディスプレイ広告が消えているのが分かります。

ハムスター速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。