【iOS10】iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」をオフ(無効)にする方法

手前に傾けてスリープ解除

iOS10では、新しく「手前に傾けてスリープ解除」機能が搭載されました。

※対応機種は、iPhone6s/6s Plus、iPhone SE、iPhone7/7 Plus。

この機能を使えば、iPhoneを手前に傾けるだけでロック画面の通知を確認できます。

さらに、Touch ID(指紋認証)を設定済みなら、ホームボタンに触れながら、iPhoneを手前に傾けれるだけでホーム画面を表示できます。

ホームボタンや電源ボタンを一切押すことなく、iPhoneを机から持ち上げたり、ポケットから取り出すだけで、通知を確認できる&ホーム画面に移動できる。

僕は、とても気に入った機能ですが、「かばんの中で勝手にスリープON/OFFが繰り返されるのは嫌だな」「意図せずにスリープが解除されて、家族や友人・恋人に通知が見られそうで嫌だな」という方も多くいると思います。

この記事では、iOS10の新機能「手前に傾けてスリープ解除」をオフ(無効)にする方法を紹介します。

「手前に傾けてスリープ解除」をオフにする方法

設定はとても簡単です。

まず、「設定アプリ」を起動してから、「画面表示と明るさ」をタップします。

画面表示と明るさ

「手前に傾けてスリープ解除」をオフにすれば完了です。

手前に傾けてスリープ解除

これでiPhoneを傾けても画面が点灯しなくなりました。

手前に傾けてスリープ解除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。