iOS11.2「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」の意味と完全にオフにする方法

12月2日、iOS11.2がリリースされました。

しかし、一部仕様が変わったようで、「コントロールセンター」から「Wi-Fi」をオフにしようとすると、

明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します

現在のWi-Fiネットワークおよびほかの近くのネットワークは明日まで接続を解除されます。

Wi-Fiは引き続きAirDrop、インターネット共有、および位置情報の精度の向上で利用可能です。

という妙なメッセージが。

そして、2回目以降もコントロールセンターからWi-Fiをオフにする度に「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」というメッセージが上部に表示。

Wi-Fiのアイコンもこれまでの「濃いグレー色」から「白色」になりました。

これは、一体、どういう意味なのでしょうか?

「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」の意味

実は、iOS11からコントロールセンターの「Wi-Fiボタン」の仕様が大幅に変更されました。

iOS10までは、コントロールセンターからWi-Fiをオフにすれば、Wi-Fi機能が完全にオフになっていました。

しかし、iOS11からは、Wi-Fi接続を一時的に切断するだけになり、次の条件で再びWi-Fiが自動接続されることになりました。

Wi-Fi が無効な間は、近くにある Wi-Fi ネットワークへの自動接続も、以下の状況になるまで無効になります。

  • コントロールセンターで Wi-Fi をオンにする。
  • 「設定」>「Wi-Fi」で Wi-Fi ネットワークに接続する。
  • 新しい場所に徒歩や車で移動する。
  • 現地時刻の午前 5 時になる。
  • デバイスを再起動する。

出典:Appleサポート「iOS 11 のコントロールセンターで Bluetooth と Wi-Fi を使う」

これにより、自動的に接続したことある他のフリーWi-Fiなどに接続されたり、一定時間経過後にWi-Fiが再接続されたり・・・「気づかないうちにWi-Fi接続がオンになってしまう」ようになりました。

この現象に対して、セキュリティ専門家も警告を発しており、今回のiOS11.2で改善された形となります。

iOS11.2では、残念ながら「iOS10まで」のようにコントロールセンターからWi-Fi機能を完全にオフにすることできませんが、見た目でWi-Fiの状態が分かるようになりました。

これで「一時的な切断なのか」「完全オフなのか」が一目瞭然です。

Wi-Fiボタンが効かなくなる不具合

コントロールセンターのWi-Fiボタンを連打していると、ボタンが「白色」になったまま全く反応しなくなり、Wi-Fiが接続しっぱなしになります。

このような不具合・エラーが発生したときは、一度、設定アプリより「Wi-Fi」をオフにしてから、再びオンにしましょう。

Wi-Fiを完全にオフにする方法

なお、iOS11.2でWi-Fiを完全オフにしたい場合は、「設定アプリ」を開き、「Wi-Fi」からオフにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。