iOS11発表!iPhoneの気になる新機能まとめ

先日、Appleの開発者イベント「WWDC 2017」でiPhoneの最新OS「iOS11」の発表がありました。

iOS11では、iPadをメインに機能強化が図られてる印象ですが、この記事では、iPhoneにスポットを当てて紹介していきたいと思います。

iPhone(iOS11)の新機能一覧

では、さっそく、iPhone(iOS11)の新機能をざっと見ていきましょう。

カメラ機能強化

iPhoneでよく使う機能の一つといえば「カメラ」でしょう。

iOS11では、そのカメラ機能がグッとパワーアップします。

まず、動く写真を撮影できる「Live Photos」に

  • ループ(繰り返し再生)
  • バウンス(進んだり、戻ったりの再生)
  • 長時間露光(一眼カメラを使ったような効果)

3つのエフェクト(効果)が追加されました。

iPhone 6/6 Plusであれば、HEIF(High Efficiency Image File)と呼ばれる圧縮テクノロジーにより、同じ画像品質を保ちつつ、写真サイズを約1/2(半分)に減らすことができます。

さらに、QRコードの読み取り機能も搭載されているようです。

Siriの強化

iPhoneの音声認識型のパーソナルアシスタント機能である「Siri」が機械学習と人工知能により、もっと賢くなります。

表現力が豊かになり、より自然な声で話せるようになります。

さらに、

  • QuickType(キーボード入力)で最近チェックした情報をSiriが提案してくれる
  • Safari(Webブラウザ)で直前に読んでいた内容に基づき、次に何を検索するのかSiriが提案してくれる

などの機械学習により、所有者それぞれに合ったPhoneになっていきます。

設定>アクセシビリティの設定により、キーボードの文字入力でSiriに質問することも可能になっています。

【iOS11】Siriとキーボードのテキスト入力で会話が可能に!

コントロールセンターをカスタマイズ可能に

iPhoneの画面下部から上にスワイプしたときに表示され、Wi-Fi、Bluetooth、画面ロック、AirPlay、懐中電灯、電卓、カメラ・・・などのボタンが表示されるコントロールセンター。

これを自分好みにカスタマイズ(追加・並び替え)できるようになりました。

今まであったボタンに加えて、

  • Apple TV Remote
  • アラーム
  • ストップウォット
  • 拡大鏡
  • 低電力モード
  • ボイスメモ
  • 文字サイズ

なども追加することができます。

普通にカスタマイズするだけでなく、3D Touchを活用して細かく指定することも可能です。

Apple Payの個人間送金に対応

Apple Payで友人や家族とお金のやりとりが直接できるようになります。

メッセージ(iMessage)で友だちや家族と会話しながら、金額を設定して送金可能。

「Touch ID」を活用すれば、セキュリティ性も高められます。

送金を受け取ると、すぐに店舗やアプリストアで使うことができます。

マップの強化

正直、イマイチだったiPhone標準マップが改善され、パワーアップします。

世界中にある空港やショッピングセンターの内部の詳しいマップを見ることが可能に。カーナビ機能も強化されました。

Google マップから乗り換えても良いと思える要素となりそうです。

友だちと楽にWi-Fiをシェアできる

Wi-Fiシェア機能を使えば、Wi-Fi情報(パスワード)を楽に送信可能。

利用手順も簡単で、Wi-Fi接続済みのiPhoneを近づけるだけ。

「Share Your Wi-Fi」というポップガードが表示され、そのまま「Send Password」をタップするだけでOK。

これで、わざわざ、無線LANルーターの小さく書かれているパスワードを入力していく手間がなくなります。

家に遊びに来た友だちに「ちょっとWi-Fi接続させて」と言われたときに活躍しそうです。

しばらく使っていないアプリを自動で削除

「これ良いな!」と思って、ついつい色々インストールして、気がつけばアプリだらけに・・・。

iOS11の「しばらく使っていないアプリを自動でアンインストールする機能」をオンにすれば、「しばらく使っていない」と判断されたアプリが自動的にアンインストールされていきます。

これでiPhoneの画面がすっきりしそうです。

iPhoneの操作画面が録画可能に

iOS11では、コントロールセンターに録画ボタンを配置することで、iPhoneの操作画面を録画できるようになりました。

さらに、録画した動画は、編集することも可能。

iPhone初心者に使い方を説明したり、ゲームアプリの動画実況など、さまざまな場面で使えそうです。

【無料】iOS11で可能に!iPhoneの操作画面を録画する方法

キーボードの「片手モード」搭載

文字入力をしているとき、片手だとどうしても入力しにくいことがあります。

iOS11では、キーボードを右側または左側に寄せられる「片手モード」が搭載されました。

iPhoneで必ず使う「キーボード入力」がより快適になります。

iOS11で「片手用キーボード」が追加!iPhoneで片手操作・文字入力が楽に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。