【iOS9】iPhoneの低電力モードの使い方、何が変わるのか?

iOS9から電力の消費を抑える「低電力モード」が追加されました。

低電力モードを”オン”にするだけで、自動的に”電力消費を抑える設定”になり、バッテリーが”最長3時間”長持ちします。

これで、バッテリーを長持ちさせるために、ディスプレイの明るさを減らすなど、面倒な作業が必要なくなります。

低電力モードで制御される機能

低電力モードは、バッテリーを長持ちさせる代わりに、次の機能が制限されます。

低電力モードにすると、以下の機能が制限されるか、オフになります。

  • メールの取得
  • Hey Siri
  • App のバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード
  • Wi-Fi の関連付け
  • 一部のビジュアルエフェクト

出典:Apple「iPhone の低電力モードについて」

このモードを有効にしている時も、電話での通話、Eメール、メッセージ、インターネットへのアクセスなどの主要な機能を使えます。
出典:Apple「バッテリー – パフォーマンスを最大化する」

解説

では、制限される機能を簡単に解説していきます。

「メールの取得」の制限

最初から入っている「メール」アプリのプッシュ(リアルタイム受信)が制限されます。つまり、低電力モードにしたあとは、手動で受信する必要があります。

ただし、「メールアプリの受信」に関する制限なので、LINE、Message(Facebookメッセージ)、カカオトークは、今まで通り通知がきます。

「App のバックグラウンド更新」の制限

アプリが開いていないときでも、バックグラウンドで最新の状態に保つ機能を制限します。

「自動ダウンロード」の制限

iTunes Store、App Store、iBooks Storeで購入した「アプリ」「ミュージック」「本」が自動で端末(iPhone、iPad)にダウンロードされる機能を制限します。

※端末購入時は、「自動ダウンロード」がオフになっています。

「一部のビジュアルエフェクト」の制限

アイコンや通知の視覚効果など、ユーザーインターフェース(操作感)が制限されます。

その他

その他にも、CPUのパフォーマンスを40%落としたり、ディスプレイの明るさを減らしたり、AirDrop、iCloudシンク機能を無効にして、電力消費を抑えるようです。

低電力モードの設定方法

設定方法は簡単です。

まず、「設定アプリ」の「バッテリー」をタップします。

バッテリー

「低電力モード」を「オン」にすれば完了です。

低電力モードになると、右上のバッテリーアイコンが緑色から黄色に変わります。

低電力モード

また、Siriに「低電力モードをオン」「低電力モードをオフ」と呼びかけることで、低電力モードのオン・オフを切り替えることができます。

バッテリー残量が20%で警告文が表示

手動で「低電力モード」にしなくても、バッテリー残量が20%になった時点で、”バッテリー残量が少なくなっています”という警告文が表示されます。

そのとき、「閉じる」と「低電力モード」を選択できます。

ここで、「低電力モード」をタップすれば、そのまま低電力モードにすることが可能です。

バッテリー残量が80%で低電力モードが解除

低電力モードの状態で充電をし、バッテリーが80%に達すると、自動的に「低電力モード」が解除されます。

最後に

はじめて訪れる場所でiPhoneの地図アプリを見ながら歩くと、バッテリー消耗が激しいものです。

そんなときに、”低電力モード”を使っていれば、バッテリーがなくなって、「メールも電話も地図も使えない」という状況を防ぐことができます。

「夜、寝るときに充電を忘れた」「しばらく充電できそうにない」「旅行先でバッテリーがなくなったら困る」というときに、使えそうな機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。