【iOS9】iPhoneで見られたくない写真を非表示にする方法

iPhoneに入っている写真を家族や恋人、友だち・同僚に見せることって、結構多いですよね?

「この前の休日、こんな良い場所に行ってきたよ」とか「昔の自分って、こんな感じだったよ」とか。

でも、なかには見られたくない写真も混ざってたりします。

iPhoneでは、そんなシチュエーションを想定して「写真を非表示にする方法」があります。

この機能を使えば、なんのためらいもなく、iPhoneの写真を他人に見せることができます。とても便利な機能なので、是非、活用してください。

写真を非表示にする方法

まず、iPhoneの写真アプリを開きます。

「隠しておきたい写真」を選択してから、左下にある「上矢印のアイコン」をタップ。共有メニューを開きます。

写真選択

次に、「非表示」をタップすると、”○枚の写真を非表示にする”というメッセージが表示されるので、タップします。これで写真の非表示設定は完了です。

非表示

注意点

ただし、写真が非表示になるのは、モーメント/コレクション/年別のみです。

「アルバム/カメラロール」には、表示されるので注意しましょう。

写真とアルバム

友だちに写真を見せるときは、「アルバム」ではなく「写真」を表示させるようにしましょう。

非表示にした写真を確認する

非表示にした写真は、「アルバム」の「非表示」フォルダに入っています。

非表示フォルダ

「選択」→「上矢印のアイコン」から写真を「再表示」することも可能です。

再表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。