遂に出た!iOS9.3でブルーライトカット機能「Night Shift」が搭載【iPhone】

遂にAppleがiOS9.3をリリース!

そして、このiOS9.3アップデートで僕がかねてより待ちわびていた新機能「Night Shift(ナイト シフト)」が標準搭載されました。

この機能を使えば、目の疲れ(眼精疲労)・睡眠障害の原因となる”ブルーライト”を大幅に削減することが可能です。

対応機種は、iPhone 5s以降、iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)です。

ブルーライトカットについては、『効果絶大!パソコン用ブルーライトカットメガネで目の疲れを軽減』で詳しく紹介しましたが、かなり効果的に目の疲れを軽減できます。

日頃、スマートフォンに夢中になりすぎて、目の疲れに悩まされている方、iOS9.3のブルーライトカット機能「Night Shift」を活用して、効果のほどを体感してください。

※iOS9.3のアップデートは、設定の「一般」→「ソフトウェアアップグレード」からできます。

「Night Shift」の使い方

「Night Shift」を使うには、まず、「設定」から「画面表示と明るさ」をタップ。

画面表示と明るさ

次に「Night Shift」をタップしましょう。

Night Shift

Night Shiftの設定画面が開きました。

色温度のカーソルを右にずらす(温かくする)ほど、ブルーライトカット率が高くなります。つまり、目に優しくなります。

色温度

最初は、iPhoneの液晶画面がオレンジっぽい色になるので、違和感があるかもしれませんが、少し触っていればすぐに慣れてしまいます。

むしろ、今度は、普通の色に戻したときに、「眩しい!目が疲れる」と感じてしまうことでしょう。

ブルーライトカットする時刻を指定

時間指定を「ON」にしてから、「開始・終了時刻」をタップすると、ブルーライトカットする時刻を指定できます。

時刻設定

「日の入りから日の出まで」または「カスタムスケジュール(お好みの時間を指定)」から選べます。

カスタムスケジュール

「日の入から日の出まで」にすれば、夜の間だけブルーライトカットをカットできます。不眠の解消に効果的です。寝る前についついLINEのメッセージやFacebookのタイムラインのチェックをしてしまう・・・そんな方は、夜間だけでもブルーライトカットをしてみましょう。

Night Shiftを(ほぼ)一日中24時間ずっとオンにしておきたい場合は、「オンにする時刻」と「オフにする時刻」を”1分間だけ”ずらしましょう。

iphone-ios9-3-bluelight-glass

こうすることで、Night Shiftが3時59分に終了して、1分後の4時00分に再び開始されます。つまり、ほぼずっとオンの状態になります。

また、「コントロールセンター」から「Night Shift」のオン・オフを簡単に切り替えることも可能です。Siriに「Night Shiftをオンにして」と言ってもOKです。

コントロールセンター

ちょっと、目が疲れたな~そんなときは、「Night Shift」をオンにしてみましょう。僕は、ほぼ一日中使っていますが、疲れ目の防止に効果抜群です。

いや~Appleさん、素晴らしいアップデートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。