【Mac】iPhone・iPadの操作画面を録画する方法|OS X Yosemiteの新機能

MacのOS X Yosemite(ヨセミテ)バージョンでは、無料でiPhone・iPadの操作画面を簡単に録画できるようになりました。

実際に録画した動画がこちらです。

※試しに、iPhone版「Excel」を操作した様子を録画してみました。

iPhone・iPadの操作画面を録画する方法

さっそく、操作画面を録画する方法を解説します。

必要なものは、次の通りです。

  • Mac(OS X Yosemiteバージョン)
  • iPhoneまたはiPad
  • Lightningケーブル(iPhoneとMacを接続するためのケーブル)

※以下、iPhone5Sの操作画面を録画する前提で話をすすめます。iPhoneのモデルによって、多少、画面に違いがある可能性があります。

 1、MacとiPhoneを接続

はじめに、Lightningケーブルを使って、MacとiPhoneを接続しましょう。

iphone-video-recording-connect

※Lightningケーブルは、iPhoneを購入したときに同封されているケーブルです。充電する時やパソコンに接続する時に使います。

2、QuickTimeを起動

QuickTimeを起動しましょう。

iphone-video-recording-how1

「QuickTimeがどこにあるか分からない」というときは、Spotlight検索を使うと便利です。

Spotlight検索を使うには、「control」キーを押しならがら、「スペース」キーを押します。
すると、検索ボックスが表示されますので、「QuickTime」と入力してください。

iphone-video-recording-how2

3、新規ムービー収録を開く

メニューバーからファイル→新規ムービー収録を選択してください。

iphone-video-recording-how3

4、録画の設定

録画ボタンの右横にある「v」ボタンをクリックしてください。

カメラは、「●●●のiPhone」をクリックして、チェックを入れてください。
※●●●には、名前が入ります。

マイクは、iPhoneの音を録音する場合は「●●●のiPhone」、内蔵マイクで外部の音を録音する場合は「内蔵マイク:内蔵マイク」をクリックして、チェックを入れてください。
※iPhone6、iPhone6plusでは、両方の音を同時に録音できるようです。

品質は、「高」と「最高」から選択してください。

iphone-video-recording-how5

5、録画を開始する

カメラ設定で「●●●のiPhone」にチェックを入れると、次の画面が表示されます。

録画ボタンをクリックすると、録画が開始されます。

iphone-video-recording-how6

6、録画を停止する

録画を停止するには、停止ボタンをクリックします。

iphone-video-recording-how7

7、動画を保存する

録画した動画を保存するには、「メニューバーからファイル→保存」を選択するか、「command」キーを押しながら「S」キーを押してください。

iphone-video-recording-how8

まとめ

OS X Yosemiteを使えば、iPhone・iPadの操作画面を簡単に録画できます。

開発したiOSアプリを動画で紹介したり、初心者向けにiPhoneの使い方を説明したり、iOSアプリのゲーム動画実況など、さまざまな場面で使えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。