iPhone7の新機能は?iPhone6Sと何が違う?比較してみた

ついに!Appleが新製品発表会でiPhone新型モデル「iPhone7」を発表しました。

今、僕が持っているiPhone6Sと何が変わったのか?新機能やデザインはどうなのか?分かりやすくまとめてみました。

iPhone7とiPhone6Sの違い(比較)

さっそく、iPhone7とiPhone6Sの違いを表で見ていきましょう。

iPhone7とiPhone6Sの基本性能比較
iPhone7 iPhone6S
容量 32GB
128GB
256GB
32GB
128GB
サイズ 高さ:138.3 mm
幅:67.1 mm
厚さ:7.1 mm
高さ:138.3 mm
幅:67.1 mm
厚さ:7.1 mm
重量 138g 143g
ディスプレイ 4.7インチ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
Retina HDディスプレイ
4.7インチ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
Retina HDディスプレイ
防水、防塵
チップ A10 A9
カメラ 12メガピクセル
ƒ/1.8の開口部(カメラセンサーに届く光が50%向上)
12メガピクセル
ƒ/2.2の開口部
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
スピーカー ステレオ モノラル
バッテリー 連続待受時間:最大10日
インターネット利用:3Gで最大12時間、4G LTEで最大12時間、Wi-Fiで最大14時間
連続待受時間:最大10日
インターネット利用:3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間
おサイフケータイ ○(FeliCa対応)

容量は256GBまで選べるようになりました。サイズはまったく同じです。重量は少しだけ軽くなりました。

特に、嬉しいのは、防水・防塵対応とバッテリーの持ちが良くなったことですね。

iPhone7の新機能・変更点

続いて、iPhone7の主な新機能・変更点を見ていきましょう。

新機能1、感圧式ホームボタン

iPhone7では、ホームボタンが「物理的なもの」から「感圧式」に変更されました。

ホームボタンを押すと、Taptic Engineとの連動で”ブルッ”という感覚的な反応を返してくれます。つまり、iPhone6Sの3D Touchディスプレイのような感じです。

しかしながら、今までの物理的な”カチッ”というホームボタンがなくなったのは少しさみしい気がしますね。

新機能2、防水・防塵

防水対応

やっと、iPhoneが防水機能を追加しました。

iPhone7が対応した防水規格は「IP67」というタイプ。これは、「30分間の水没に耐えられる」防水性能です。

今まで「防水機能がない」という理由だけでiPhoneを避けてきた人に朗報ではないでしょうか?

これで、雨に濡れたり、うっかりジュースをこぼしたり、トイレに落としてしまっても大丈夫ですね。

新機能3、カメラの進化

iPhone7のカメラ

スマートフォン選びの決め手の一つとなるカメラ性能。

iPhone7では、カメラ性能が大幅に向上しました。

開口部が”ƒ/1.8″になったことで、iPhone6Sと比べてカメラセンサーに届く光が最大50パーセント多くなりました。

つまり、夜景など、光が少ない場所でも綺麗な写真が撮れます。さらに、イメージセンサーの高速化、6枚構成のレンズなど、美しい写真を撮るための機能アップが図られています。

新機能4、ステレオスピーカー

ステレオスピーカー

iPhone7では、はじめてステレオスピーカーが搭載されました。

iPhone6Sと比べて2倍の音量を出せます。室内で音楽を聴くとき、ビデオを観るとき、今までより、大迫力のボリュームで楽しめます。

新機能5、おサイフケータイ「FeliCa」対応

おサイフケータイ(FeliCa)対応

iPhone7には、Apple Payが組み込まれ、日本で普及しているおサイフケータイ「FeliCa(フェリカ)」に対応しました。

このFeliCa対応により、Suica、ID、QUICPayの3つの電子マネーを使えるようになりました。(※楽天Edy、nanaco、WAONなどは非対応のようです。)

例えば、次のような場面で活用できます。

  • 電車に乗るとき、改札機の読み取り部に”iPhone7(Suica機能)”をかざして通過。切符を購入したり、Suicaカードを探す手間が省けます。
  • ID、QUICPay、Suica対応のお店で商品を購入したとき、”iPhone7″で支払いができます。(Touch IDに指を載せたままリーダーにかざす。)財布を探しだして、お金を数える手間が省けます。

変更点1、イヤホンジャック廃止

EarPods

iPhone7では、イヤホンジャックが廃止されました。つまり、今まで使っていたイヤホンが挿せなくなります。

そのため、iPhone7でイヤホンを使おうと思ったら、次の方法をとらなければなりません。

有線接続の場合

  • 充電差込口に付属の「EarPods(Lightningコネクタ付きイヤホン)」を差し込む。
  • 充電差込口に付属の「変換アダプタ(Lightningコネクタ→ステレオミニ端子)」を差し込んでから、イヤホンを差し込む。

無線接続の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。