LINEの鍵マークの意味って何なの?セキュリティ強化

最近、突如出現したLINEの「鍵マーク」

これは、一体何なのでしょうか?意味はあるのでしょうか?なぜ、友だちによって、付いてあったり、付いてなかったりするのでしょうか?

ちょっと疑問に思ったので調べてみました。

鍵マークの意味

この鍵マーク(ロックアイコン)は、「Letter Sealing(レターシーリング)」と呼ばれる暗号化通信が行われていることを示しています。

つまり、友だちとのメッセージのやり取りが”暗号化”されているという意味です。

Letter Sealingは、1:1トークやグループトーク・複数人トーク、無料通話、ビデオ通話で利用可能。iOS版、Android版、PC版のLINEに対応しています。

Letter Sealing(暗号化通信)のメリット

Letter Sealingを利用するメリットは、ずばり、セキュリティの向上です。

この機能を利用することで、メッセージ内容を自分と相手のみ確認できる状態になります。

具体的には、「LINEのサーバー上に保存されているメッセージ」や「内部サーバー間の通信」などが暗号化され、第三者にメッセージ内容が盗み見されなくなります。

従来の暗号化との違いについて

では、「今まで、LINEのメッセージは全く暗号化されていなかったのか?」というと、そうではなく、従来は「RSA公開鍵暗号方式」という方法で暗号化されていました。

ただし、この方法は、LINEの内部サーバーでメッセージが一度平文(暗号化されていない状態)に戻されるため、「LINEサーバーがハッキングされた時」や「管理者が暗号を解く(複合)ための鍵を漏洩してしまった時」にメッセージが盗み見されるリスクがありました。

Letter Sealingを利用することで、送信者と受信者のみ暗号を解くことができるため、これらのリスクを回避できます。

鍵マークが付いていない原因

LINEでトークをしているとき、相手によっては、鍵が付いていない(暗号化されない)場合があります。

それは、相手側(自分側)の「Letter Sealing」が有効になっていないことが原因です。

また、10人でグループトークをしているとき、1人でも「Letter Sealing」を無効にしていれば、メッセージは暗号化されません。

つまり、Letter Sealingを利用するには、全員がLetter Sealingを有効にしていなければなりません。

Letter Sealingの有効・無効を変更する方法

Letter Sealingは、初期設定ですべての利用者が有効になっていますが、設定画面から無効に変更することも可能です。

まず、LINEの設定画面に移動します。

line-key-mark

「トーク・通話」をタップします。

line-key-mark

最後に、Letter Sealingの項目で有効・無効を切り替えることが可能です。

line-key-mark

Letter Sealingの注意点

セキュリティ上、基本的には、Letter Sealingを有効にしておいた方が良いですが、少しだけ注意点があります。

それは、機種変更後、「機種変更前のスマートフォンで既読していないメッセージ」や「パソコンでしか既読していないメッセージ」が読めなくなってしまうことです。

機種変更するときは、あらかじめ、すべてのメッセージを読んでしまうか、一時的にLetter Sealingを無効にしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。