無料ライブ配信「LINE LIVE」をスマートフォンで使ってみた

2015年12月10日、LINEが生放送プラットフォーム「LINE LIVE(ライン ライブ)」の提供を開始しました。サービス開始からわずか5日間で総視聴者数1000万人を突破しています。

LINE LIVEとは、”生放送”を基本とした無料の動画配信サービスです。

あらかじめ”録画”をするYouTubeやニコニコ動画と違い、”生放送”を配信する「LINE LIVE」は、LIVEでしか見ることのできないリアルな映像を体験できます。

似たようなサービスでニコニコ生放送やツイキャス、Ustreamが挙げられます。

今回、スマートフォンで利用してみて、なかなか面白かったので紹介していきたいと思います。

「LINE LIVE」の始め方

はじめに、Apple Storeから「LIVE – 無料視聴アプリ(ライブ) – LINE Corporation」をインストールしましょう。

※LINE LIVEは、iPhone、Android、パソコンに対応しています。パソコンで利用する場合は、『LINE LIVE』にアクセスしてください。

LINE LIVE

LINE LIVEを起動してから、右にスワイプ。「LINEログイン」をタップします。

LINEログイン

「”LIVE”が”LINE”を開こうとしています」と表示されたら、「開く」をタップ。

"LIVE"が"LINE"を開こうとしています

LINEの認証画面に移動するので、「同意する」をタップ。

認証

認証が完了したら、「”LIVE”は通知を送信します。よろしいですか?」と尋ねられるので、通知を許可するなら、「OK」をタップ。

"LIVE"は通知を送信します。よろしいですか?

これで、LINE LIVEの準備完了です。

「LINE LIVE」を使ってみた

タレント・歌手などの著名人の番組がずらーーーーっと並んでいます。

左上に「LIVE」と表示されている番組が生放送中となります。

LIVE

679,390人が視聴中のようです。下部にコメントがどんどん流れます。LIVEならではの臨場感です。

コメント

もちろん、コメントを書き込むことも可能です。

おもろい

生放送済み動画

生放送済み動画も視聴できます。

今回は、ランキング1位の「AKB48劇場オープン10周年スペシャル」を見てみます。

※生放送を録画した動画となります。放送日は2週間前、再生回数は2,061,592回(約200万回)となっています。

ランキング

生放送ではない場合は、シークバーで好きな場面に移動できます。

AKB48劇場オープン10周年スペシャル

チャンネル

下部メニューからチャンネルに移動できます。

アーティスト、アイドル、モデル、お笑い、タレントなど、さまざまなジャンルの著名人が参加しています。

EXILE TRIBE、flumpool、AKB48グループなど。

チャンネル

りゅうちぇる、ぺこ、ピスタチオ、とにかく明るい安村、田村淳など。

モデル、お笑い

北川景子、ベッキー、鈴木奈々など。

タレント、エンタメ、バラエティ

他にも、香川真司、五郎丸歩など、スポーツ選手もLINE LIVEに参加しています。

配信予定日時をチェック

先ほどのチャンネルから、生放送を見たい著名人を選ぶと、次回の”配信予定日時”を確認できます。

オールナイトニッポンの次回生放送は、2016年1月8日の22:00~のようです。

オールナイトニッポン

最後に

今まで、LINEを使っているので、ログインもワンタップ。とても手軽に始められました。YouTubeやニコニコ動画と違った面白さのあるサービスです。

現在、LINE LIVEに生放送を配信できるのは、タレント、アーティスト、企業に限られますが、早い段階で個人もライブ配信可能になるようです。つまり、スマートフォンで自撮りをしながら、ライブ配信ができてしまいます。

8月10日の「LINE LIVE」アップデートにより、個人もライブ配信可能になりました。

【LINE LIVE】誰でも簡単にライブ配信・生放送が開始!配信方法・使い方

LINE LIVEの強みは、「LINE」という強力なコミュニケーションアプリの基盤です。

利用者数が増えれば、その分、生放送番組も充実していきます。今後の発展に期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。