iPhone版LINE MUSICに待望の「オフライン再生機能」が追加、使い方まとめ

LINE MUSICに待望のオフライン再生機能が追加されました!

今までもキャッシュ機能(オフライン再生機能)がありましたが、「どの楽曲がキャッシュ済みなのか」分からない状態でした。今回のアップデートでキャッシュ済みの楽曲が一覧で確認できます。

また、アーティスト・アルバムの楽曲を一括でキャッシュすることもでき、まさに神アップデートです。

これで月々の通信量を気にすることなく、快適なミュージックライフが送れます。

オフライン再生機能の使い方

まずは、Apple StoreからLINE MUSICのアップデートを行ってください。

キャッシュされた楽曲を確認する方法

アップデートすると、「マイミュージック」の下部に「オンライン再生」の項目が追加されます。

最大500曲までiPhone(iOS機器)にキャッシュでき、最後にオンラインで再生してから最大7日間聴くことができます。

オフライン再生

楽曲をキャッシュする方法

楽曲再生画面の「メニュー」から「キャッシュする」をタップします。

キャッシュする

“キャッシュしますか?”というメッセージが表示されるので、「キャッシュ」をタップ。進捗状況バーが100%になれば、キャッシュ完了です。

進捗状況

※キャッシュは、iPhoneがWi-Fiに接続しているときがオススメです。

アーティスト・アルバムの楽曲を一括でキャッシュする方法

例として、Kalafineの楽曲を一括でキャッシュする方法を解説します。

ソングを「もっと見る」→「選択」の順にタップします。

アーティストを一括でキャッシュ

キャッシュする楽曲を選択しましょう。左上の○をタップすると、一括で選択できます。選択が完了したら、下メニューの「↓」になっているアイコンをタップします。

選択

100曲以上選択していた場合は、”一度にキャッシュできるのは最大100曲までです。リストの順番通りに100曲目までをキャッシュしますか?”というメッセージが表示されます。この内容で良かったら、「確認」をタップします。

あとは、選択したすべての楽曲がキャッシュされるのを待ちましょう。

確認

同様の方法で、アルバムも一括でキャッシュできます。

キャッシュした楽曲を削除する方法

楽曲をキャッシュしすぎて、iPhoneの空き容量(ストレージ)が不足してきたときは、キャッシュした楽曲を削除しましょう。

オフライン再生の「もっと見る」→「編集」の順にタップします。

編集

キャッシュを削除する楽曲を選択してから、「削除」をタップすれば完了です。

キャッシュを削除

※「設定」→「プレイヤー設定」→「キャッシュを削除」からすべての楽曲のキャッシュを削除することも可能です。

まとめ

今まで、LINE MUSICは、邦楽が充実していましたが、Apple Musicと比べてキャッシュ機能がイマイチでした。

今回のアップデートにより、キャッシュ機能に関するLINE MUSICのデメリットがなくなっています。今まで、通信量を気にして、LINE MUSICを敬遠してきた方は、もう一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。