Microsoft Edge起動時のホームページをYahoo! JAPANトップページに設定する方法

このページでは、Windows10で生まれ変わったWebブラウザ「Microsoft Edge」を起動したときに、表示される画面をYahoo! JAPANトップページにする方法を紹介します。

では、さっそく、インターネットを立ち上げたときに、Yahoo! JAPANトップページを開く方法を見ていきましょう。

まず、Microsoft Edgeを開き、右上の「・・・」→「設定」の順番にクリックします。

microsoft-edge-homepage-yahoo2 ▲最初の設定では、検索ボックスとニュースや天気がずらーっと並んでいます。

次に、プログラムから開くの項目を「特定のページ」>「カスタム」に変更します。

特定のページ

“Webアドレスを入力してください”という入力フォームが表示されるので、そこに、Yahoo! JAPANトップページのURL「http://www.yahoo.co.jp/」を入力してから、追加ボタン「+」をクリック。最後に、「about:start」の右にある「×」をクリックします。

カスタム

※ここに並んでいるWebサイトが、起動時に表示されます。なお、「about:start」が、今まで表示されていたMicrosoft独自のスタートページです。

次のように設定すれば完了です。

設定完了

Microsoft Edgeを起動するとYahoo! JAPANトップページが表示されるようになりました。

Yahoo! JAPAN

最後に

やはり、インターネットを起動したときのホームページは、昔から慣れ親しんでいる「Yahoo! JAPAN!!」という方は多いのではないでしょうか?

今回、紹介した方法を応用すれば、Microsoft Edge起動時のホームページを「Google」「BIGLOBE」など、好きなWebサイトにすることが可能です。

また、起動時に、1つのWebサイトだけでなく、複数のWebサイトを同時に開くことも可能です。

毎回、必ず開くページを登録しておけば、インターネットを開いてから、すぐに作業に取り掛かれるので効率的です。

1回5秒ぐらいの作業でも、何十回、何百回と積み重なっていけば、かなりの時間が奪われます。例えば、1日10秒の時間を節約できれば、1年間で約1時間の節約できます。

できるだけ、自動化できるような単純作業は、削減を図り、時間を有効活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。