Windows10の新ブラウザ「Microsoft Edge」を使ってみた。違いとかまとめ

Windows10で変わったことの一つに、インターネットでWebサイトを閲覧するための”Webブラウザ”が新しくなったことが挙げられます。

その新しいWebブラウザは、「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」という名前です。

これにより、1995年からWindows OSの標準ブラウザとして搭載されていた「Internet Explorer(IE)」の長い歴史に幕がおろされます。

このページでは、「Microsoft Edgeになって、何が変わったのか」紹介していきたいと思います。

名前が変わっただけじゃないの?

「Microsoft Edge と Internet Explorer って、名前が変わっただけじゃないの?」と思っている方もいるでしょうが、この2つは全く別のWebブラウザです。

Google Chrome と Mozilla Firefox ぐらい違います。

具体的な変更点としては、「レンダリングエンジン」が新しくなったことが挙げられます。

レンダリングエンジンとは、HTML、CSS、画像などのデータを読み込んで、人に分かるように表示するプログラムです。分かりやすくいうと、ブログ・Webサイトを表示するためのプログラムです。

Internet Explorerでは、「Trident(トライデンド)」というレンダリングエンジンでしたが、Microsoft Edgeでは、「EdgeHTML」に変更されています。

なぜ、レンダリングエンジンを変えたの?

レンダリングエンジンを変更した理由を知るには、Internet Explorer(IE)の歴史たどる必要があります。

現在、Internet Explorerは、「W3C」という非営利団体が勧告している”Web標準規格”に基づいて開発されています。

しかし、以前のInternet Explorerは、Webブラウザのシェアを拡大するために、他のWebブラウザにはない「IE独自機能」を盛り込みながら、開発を行っていました。

その後、Internet Explorerは、セキュリティ問題やWeb標準規格に対応するために、バージョンアップを重ねていくことになるのですが、その中で、多くの「IE独自機能」も以前のバージョンと互換性を保つために残されました。

結果、多くの機能が詰め込まれたInternet Explorerは、起動や動作が遅く、脆弱性の多いWebブラウザになってしまいました。

この問題を解決するために、Microsoft Edgeでは、IE独自機能を完全に消し去り、全く新しく作り変えることで、「動作の軽量化」「開発のしやすさ」を図っています。

「Microsoft Edge」を使ってみた

実際に、「Microsoft Edge」を使ってみました。

Microsoft Edgeは、Windows10にアップグレードすると、タスクバーに表示されます。(アイコンがInternet Explorerと似ています。)

Microsoft Edgeのアイコン

起動・表示速度が早い

一番最初に思ったのは、「とにかく、起動が早い」ことです。僕の2009年モデルのVAIOでも、「すっ」っと起動します。

起動だけでなく、Webサイトの表示速度も、IEと比較すると体感できるぐらい早くなっています。特に、Amazonのように、画像やJavaScript処理の多いWebサイトでは、大きな違いを実感します。

Webページに手書きできる

Microsoft Edgeには、ブログ・Webサイトに”手書きのメモ”や”文字”を書き込める機能があります。

まず、メモを書き込みたいWebページを開き、右上にある「ペンと紙」のアイコンをクリックします。

手書きのメモのアイコン

あとは、好きなことを書き込んでいきましょう。文字の太さや色も変更可能です。

手書きのメモ機能

書き込みが完了したら、「OneNote」「お気に入り」「リーディングリスト」に保存したり、「メール」「OneNote」で共有できます。

手書きのメモを保存

この機能は、画面ごとではなく、”ページごと”にスクロールしながら、色々と書き込めます。

特に、タッチパネル機能搭載のノートパソコンやSurfaceを使えば、とても便利そうな機能です。プロジェクターを使用した会議でも活躍するのではないでしょうか?

サイドバーや広告を取り除く「読み取りビュー」

「読み取りビュー」機能を使うことで、サイドバー・フッター・背景画像・広告などを取り除き、記事を読むことに集中できるレイアウトにしてくれます。

読み取りビューアイコン

このように、すっきりシンプルなデザインで表示されます。

読み取りビュー

読み取りビューは、Safariのリーダーとほぼ同じ機能です。

拡張機能が豊富(になる予定)

Microsoft Edgeでは、Google Chromeの拡張機能、Mozilla FirefoxのアドオンがそのままMicrosoft Edgeで利用できるようになっているようです。

つまり、僕が頻繁に使っているGoogle Chromeの拡張機能が、Microsoft Edgeでも使えるかもしれない!ということです。

ただし、2015年8月30日時点では、「プラグインや拡張機能などが追加できるようにはなっていない。」とのこと。どうやら、間に合わなかったらしいです。今後に、期待といったところでしょうか。

最後に

Microsoft Edgeを触ってみましたが、動作も安定しており、Webブラウザで最も重要とも言える「表示速度」も大幅に改善されています。

「Internet Explorer(IE)より素晴らしい」と断言してもいいぐらいです。

ただし、IEと互換性を捨ててしまったので、今までIEで表示されていた古いWebサイトやサービスが、まともに表示されない可能性があります。

そんなときは、『Windows10でIE(Internet Explorer)って使えるの?』で紹介している手順でWindows10に入っているIEを起動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。