iOS版ソリティアをマイクロソフトが配信!iPhoneで遊んでみた

microsoft-solitaire-iphone

11月23日、マイクロソフトが一人遊びトランプゲーム群「ソリティア」をiOS/Androidで無料配信しました。

ソリティアといえば、Windows3.0から標準で収録されている中毒性の高いゲーム。

「パソコン上で最初に遊んだゲームが”ソリティア”だ。」という方は多いのではないでしょうか?

今回、実際に僕のiPhoneでiOS版「ソリティア」を遊んでみましたので、紹介していきたいと思います。

収録タイトル

ソリティアとは、一人で遊ぶトランプゲームのことをいいます。

マイクロソフトのソリティアに収録されたタイトルは、

  • Klondike(クロンダイク)
  • Spider(スパイダー)
  • FreeCell(フリーセル)
  • Pyramid(ピラミッド)
  • TriPeaks(トライピークス)

の合計5種類のトランプゲームです。

遊び方

まずは、Apple Storeより『Microsoft Solitaire Collection – Microsoft Corporation』をインストールしてください。

iPhoneのホーム画面に追加される「Solitaire」を起動すると、次のような画面が表示されます。

遊びたいゲームを「Klondike」「Spider」「FreeCell」「Pyramid」「TriPeaks」から選びましょう。

microsoft-solitaire-iphone

Klondike(クロンダイク)

クロンダイクは、右上にある4組分のスペース(組札)に、各マークごとに小さい数字から大きい数字(AからK)を積み重ねていくゲームです。

52枚すべてのカードを右上の組札に置くことができればクリアです。

Klondike(クロンダイク)

Spider(スパイダー)

スパイダーは、同じマークの大きい数字から小さい数字(KからA)を並べてカードを消していくゲームです。

すべてのカードを消せばクリアです。

Spider(スパイダー)

FreeCell(フリーセル)

フリーセルは、右上の”ホームセル”と呼ばれる4つのスペースに、各マークごとに小さい数字から大きい数字(AからK)を積み重ねていくゲームです。

すべてのカードを積み重ねればクリアとなります。

なお、左上の4つのスペースは”フリーセル”と呼ばれており、トランプを4枚まで自由に置けます。上手く活用しましょう。

FreeCell(フリーセル)

Pyramid(ピラミッド)

ピラミッドは、マーク関係なく、数字の合計が13となる”2枚のカード”を消していくゲームです。例えば、7と6をタップで選んで消します。

すべてのカードを消すことができればクリアです。

Pyramid(ピラミッド)

TriPeaks(トライピークス)

トライピークスは、下の捨て場(下画像ではスペード5)より、”1つ上”か”1つ下”のカードをタップして消していくゲームです。

すべてのカードを消すことができればクリアです。

TriPeaks(トライピークス)

最後に

実際に遊んでみて、やはり、マイクロソフトが提供していることだけあって、操作性は抜群です。タイムやスコアもばっちりカウントしてくれます。

この1つのアプリを入れておくだけで、5つの一人遊び用トランプゲームがプレイできるので、iPhoneのホーム画面もごちゃごちゃならずにすみます。

カードの間違った置き方をすると、下部に次のような”注意メッセージ”が表示されるので、ルールの全くわからない初心者であっても、ルールを覚えていきながら楽しめます。

microsoft-solitaire-iphone

また、下メニューの電球アイコンをタップすれば、「どのカードを動かせるのか?」というヒントをくれます。

microsoft-solitaire-iphone

チャレンジでは、トランプゲームごとにお題が与えられ、クリアするとコインを獲得。貯まったコインに応じてスターが溜まっていき、もっとハイレベルな”新しいステージ”に挑戦できるようになります。

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。