「Office Lens」MicrosoftがiPhone対応の無料スキャンアプリを公開!日本語OCR機能も

先日、MicrosoftがiPhoneに対応した無料のスキャンアプリを公開しました。

これを使えば、大量の名刺やレシート、書類を簡単に電子化することができます。

まずは、どんなアプリかを知るためにOffice Lensの紹介動画を見てみましょう。

Introducing Office Lens for iPhone – YouTube

「Office Lens」の特徴

「Office Lens」の特徴を簡単にまとめてみました。

簡単にスキャンできる

スキャンする方法は簡単です。

iPhoneでスキャンしたい文書を撮影するだけです。

色々試してみましたが、多少、斜めからとっても、問題なくスキャンできました。

OCR機能搭載

OCR機能とは、画像の文字を読み取ってテキスト形式に変換する機能です。

Office Lensでは、スキャンしたデータをWord形式で保存する時、自動的にOCR機能が使われます。

これを上手く使えば、文章をパソコンで一文字一文字打ち込む手間が省けます。

実際使ってみると、Microsoftが提供しているだけあって、日本語もかなり高精度に認識する印象を受けました。

クラウド管理

iPhoneでスキャンしたデータは、「Microsoft OneDrive」に保存されるので、パソコンやタブレットでも見ることができます。

そのため、機種変更した時も、スキャンしたデータを古いiPhoneから新しいiPhoneに移す必要はありません。

同じMicrosoftアカウントでサインインするだけで、今までスキャンしたデータを見ることができます。

※写真やPDFとしてiPhone本体に保存することもできます。

広告がない

Microsoft純正のアプリなので、邪魔になる追跡型広告などは、一切ありません。

「Office Lens」の始め方

はじめに、App Storeから「Office Lens – Microsoft Corporation」をインストールしましょう。

Office Lensを検索

ホーム画面に「Office Lens」が表示されるので、タップして起動してください。

Office Lensインストール完了

「Office Lens」の使い方

「Office Lens」を起動すると、簡単に使い方が説明されます。

説明を読みながら、左にスワイプしていきましょう。

ポケットスキャナー

最後に「写真を撮影するには、カメラにアクセスする必要があります。」というメッセージが表示されるので、「アクセスを許可」ボタンをタップしましょう。

※その下の「自動的にデータを転送して Office Lensの品質向上に協力する」に関しては、任意となります。必要なければチェックを外しましょう。

アクセスを許可

スキャンしたい文章を撮影

アクセスを許可すると、カメラが起動します。

ノート、付箋メモ、レシート、名刺、ホワイトボードなど、スキャンしたい文章を撮影しましょう。

今回は、試しにレシートを撮影してみました。

ドキュメント

▲レシートにカメラをかざすと、自動的に形を認証してくれます。

スキャン完了

撮影すると、簡単にスキャン完了しました。

「これでOK!」と思ったら、「完了」ボタンをタップしましょう。

完了

エクスポート先を指定

「どの形式でスキャンしたファイルを保存するか」を選んでタップしましょう。

形式は、OneNote、OneDrive、Word、PowerPoint、PDF、メール、写真から指定できます。

OneNoteの場合

OneNoteをタップします。

OneNote

※初回のみ「Microsoftアカウント」のサインインが求められます。新規作成は、Microsoft アカウント登録手続きからできます。

タイトルと保存場所を指定してから、「保存」ボタンをタップしましょう。

後ほど、楽に検索するために、分かりやすいタイトルをおすすめします。

レシート

「最近行ったアップロード」が表示されるので、先ほど保存したファイルをタップしましょう。

タップして開く

iPhoneに「OneNote」がない場合は、App Storeが起動するので、インストールしましょう。

Microsoft OneNote for iPhone

「OneNote」を起動すると、スキャンしたファイルを見ることができます。

レシート

これで完了です。

Kintetsu

タイトル名で検索することもできます。

検索

Wordの場合

Wordをタップします。

Word

OneNoteの時と同じ操作手順で、スキャンしたファイルをWordで見てみましょう。

Wordの場合は、OCR機能(画像の文字を読み取ってテキスト形式に変換する機能)により、画像ではなく、テキスト形式で保存されます。

ところどころ間違いはありますが、Microsoftが提供しているだけあって、かなり高精度に読み取っています。

OCR

もちろん、テキスト形式なので、文章のコピーや検索もできます。

コピーと検索

まとめ

iPhoneさえ持っていれば、外出先でも簡単にスキャンできるというのは魅力的です。

なんといっても、Microsoftが提供しているので安心感もあります。

個人的には、「これから積極的に使おう!」と思ったアプリでした。

また、今回紹介したのはiPhone版ですが、Android版でも、プレビュー版はすでに無料で公開されているようなので、近々、Google Playで安定版がインストールできるようになるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。