効果絶大!パソコン用ブルーライトカットメガネで目の疲れを軽減

こんにちは。僕は仕事柄、パソコンのモニター画面と睨めっこする時間が長く、以前は、目の疲れにとても悩まされていました。

ひどい時には、翌朝目が覚めても、目を閉じても、目の奥のほうでズンズンと痛みを感じていました。「これは、マズイ!なんとかできないものか!」と思い、色々と試してきた中で、一番効果があったのがパソコン用ブルーライトカットメガネです。

僕はメガネを掛けたことなかったので、初めは少し抵抗がありましたが、今では、ブルーライトカットメガネなしの生活が考えられません。職場でも自宅でもパソコンを使うときは、必ず使っています。(現在も、ブルーライトカットメガネを掛けならが、この記事を執筆しています。)

ブルーライトカットメガネの存在は、昔、家電量販店で働いていたときに知りましたが、そのときは、正直、胡散臭い商品と思っていました。(幸運のペンダント的な怪しさがありました。)今では、それが間違いであったと実感しています。

とまあ、ここまで体験談(ノンフィクションです!)を書きましたが、どうしてもステマっぽくなってしまいますねw

本当にいい商品なので、目の疲れに困っている方は、是非ご検討くださいませ。

※僕は、ブルーライトカットメガネに絶大な効果を感じましたが、すべての人に効果があるとは断言できませんのであしからず。

ブルーライトカットメガネの仕組み

ここまで読むと「なんとなく、ブルーライトカットメガネは効果がありそうだな」と思ったのではないでしょうか?

では、ブルーライトカットメガネは、どのような仕組みで、目の疲れを軽減させてくれるのでしょう?

ブルーライトカットメガネとは、その名の通り、”ブルーライト”をカット(削減)するメガネです。

ブルーライトとは何か?

では、ブルーライトとは何者でしょうか?

ブルーライトについて、ブルーライト協会のWebサイトでは、次のように解説しています。

可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光
ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトの波長

出典:ブルーライト協会「ブルーライトとは」

※可視光線とは、電磁波のうち、人の目に見える波長の光。逆に、人の目に見えない波長の光を不可視光線(例:紫外線、赤外線)という。

とにかく、パソコンやスマートフォンなどのディスプレイには、ブルーライトが多く含まれているということですね。

目が疲れる原因

ブルーライトは、エネルギーが強く、”眩しさ(まぶしさ)”の原因となる散乱光をたくさん発しています。人の目は、眩しいもの(ディスプレイの文字など)をハッキリと見るとき、無意識に目のピントを調整します。このとき、目に大きな負担がかり、目が疲れるのです。

人体への影響は?

ブルーライトは、目の疲れを引き起こすだけでなく、睡眠障害の原因にもなります。

なぜなら、夜中に、ブルーライトを目に取り込むと、「メラトニン」という眠気を誘うホルモンが脳から分泌されにくくなるからです。

ここまで読むと「ブルーライトは悪者」と思ってしまうかもしれませんが、ブルーライトは太陽光にも豊富に含まれており、生活リズムをコントロールするのに重要な役割を持っています。僕たちは、ブルーライトがあるからこそ、太陽が昇ったらスッキリと目覚めることができ、太陽が沈んだら(ブルーライトが減少したら)、脳から「メラトニン」というホルモンが分泌されて、眠気を引き起こします。

おすすめのブルーライトカットメガネ

とまあ、いろいろ論理的に、ブルーライトカットメガネの効果について解説しましたが、重要なのは目の疲れをとることですね。

僕がおすすめするのは、株式会社ジェイアイエヌが提供する「JINS PC」のブルーライトカットメガネです。

なぜなら、かけ心地がすごく良いからです。メガネが苦手な僕でも長時間装着できています。

実は、JINS PCを購入する前は、格安のブルーライトカットメガネを装着していましたが、鼻の上に違和感・痛みがあり、かけ心地は最悪でした。ブルーライトカットメガネの効果は実感したので、新しく「JINS PC」を買ったのですが、「最初から良いのを購入すればよかった」と少し後悔しています。

購入方法

ブルーライトカットメガネ「JINS PC」を購入するには、次のリンクから、JIN’sオンラインショップに移動してください。

上部メニューから「機能性アイウエア」→「JINS PC」にすすみます。※検索ボックスに「JINS PC」と入力してもOKです。

JINS PC

「Line Up」に進み、好きな色・デザインのブルーライトカットメガネを選びましょう。

Line Up

Amazonでも取り扱っています。

はじめて使ったときの感想

はじめて、ブルーライトカットメガネをかけたときは、モニター画面が黄色みがかった色になったので、すこし戸惑いました。

しかし、半日もするとその色にも慣れていき、逆にPCメガネを外すと、その眩しさに驚いたものです。

そして、その日、8時間の勤務が終わって帰宅するときに、さっそく効果を実感しました。いつも仕事帰りに感じていた目の奥の痛みが、スッカリとなくなっていたのです。(これでいくらでも仕事ができる!と感じたのを覚えています。)次の日も、目がスッキリとした状態で目覚め、その効果が確かなものであると感じました。

まとめ

ブルーライトカットメガネを使い始めて、約2年が経過しました。今では、よき相棒であり、友であり、何かです。

すべての人に「絶対に目の疲れはなくなるで!」とは言えませんが、日頃、目の疲れに悩んでいる方は、試してみる価値は十分にあります。現に、僕は、このメガネに目を救われました。

1つの懸念点としては、このブルーライトカットメガネは、パンドラの箱なのです。一度使ったら、これなしでは、パソコンができなくなります。そして、身の回りのデジタル液晶画面をブルーライトカットしたくなります。それくらい恐ろしいものです。

是非、お試しあれ!以上、効果絶大!パソコン用ブルーライトカットメガネで目の疲れを軽減でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。