ロジクール製マウス「Performance Mouse M950」が指が疲れにくい&おすすめ

マウスは、パソコンでもっとも長い時間、手にしている周辺機器といえます。

だからこそ、マウスにはこだわりたいところです。

マウスが快適かどうかで、パソコンの作業効率や疲れやすさも全く違ってきます。また、自分に合わないマウスを長時間使っていると、腱鞘炎(けんしょうえん)や手のしびれの原因になります。

事実、僕もお手頃価格のE○M製マウスから、より高品質のロジクール製マウスに買い換えて、作業効率がグッと上がりました。特に、悩まされていた人差し指の痛みがなくなり、「マウスを買い替えて本当に良かった」と思っています。

しかし、「良いマウスを購入したい」と思っていても、何を選んでいいのか分かりません。

そこで、僕がオススメするのは、株式会社ロジクール(Logitech)が提供しているワイヤレスマウス「Performance Mouse M950」です。

ロジクール「Performance Mouse M950」の何がいいの?

僕が一番気に入ったのが、マウスのホイールを左右に倒すと、ボタンとして設定ができることです。

例えば、ホイールを左に倒したら「左クリック」、右に倒したら「右クリック」という設定ができます。(他のボタンを設定することも可能です。)

つまり、マウスのクリックボタンを「カチカチ」押す必要がなくなります。

これにより、1日に何十回、何百回と「カチカチカチカチカチ…」することがなくなり、人差し指の痛みもなくなりました。

その他、良かった点

  • クリックボタンが軽く、押し心地が良い。
  • マウスの側面に「進む」「戻る」ボタンがあるので、ブログ・Webサイトを閲覧するときに便利。Webブラウザの「進む」「戻る」にカーソルを合わせて、クリックする作業が必要なくなる。
  • 手にフィットするので、長時間使用しても腕と手が疲れにくい。
  • 無線マウスなので、ケーブルが邪魔にならない。(※無線マウスに抵抗がある方もいると思うが、今のところ、勝手に途切れたことはない。)
  • eneloop(エネループ)が付属なので、繰り返し使える。(新しく電池を買う必要がない。)
  • USB接続で充電が可能なので、充電をしながらマウスを使える。(ただし、充電中は、少しマウスが熱くなる。)

他にも、僕があまり使っていない機能としては、画面の「拡大・縮小」ボタンがあったり、高速スクロールモードに切り替えれたり、ガラスの机でも使えるようになっています。

悪かった点

悪かった点は、特に見当たらないですが、しいて言うなら価格が少し高いことでしょうか。僕は、この使い心地と性能なら、十分に購入する価値はあると思いますが。

あ、そういえば、電池持ちが若干悪いです。一ヶ月に一回ぐらいUSB接続で充電する必要があります。

最後に

一年以上使ってきましたが、不満もなく、素晴らしい商品です。人差し指の痛みがなくなったので、仕事もはかどっています。

「どのマウスが良いのか」について、使う人の手の大きさによって、合う合わないがあるので、一概には言えませんが、僕にとっては大満足のマウスです。

やはり、マウスといえば「ロジクール」か「マイクロソフト」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。