Amazonの音楽聴き放題「Prime Music」をiPhoneで使ってみた!プライム会員なら無料

11月18日、Amazonが定額制・音楽聴き放題サービス「Prime Music(プライム ミュージック)」を日本向けにスタートしました。

Amazonプライム会員(年会費3,900円)なら無料・追加料金なしで100万曲以上の楽曲が聴き放題になります。

つまり、月額に換算するとたったの”325円”で音楽ストリーミングサービスが利用できるのです。

これは、Apple Musicの月額980円、Google Play Musicの月額980円、LINE Musicの月額1,000円と比較すると破格の価格です。

また、Amazonプライム会員に登録すれば、音楽聴き放題「Prime Music」の他に、動画見放題「プライム・ビデオ」、無料の配送特典(お急ぎ便、お届け日時指定便)、プライム会員限定先行タイムセールなど、Amazonプライム向けサービスも利用できます。

Prime Musicの主なサービス内容
対応機種 パソコン、スマートフォン(Android、iPhone)、タブレット(Android、iPad、Fire タブレット)、Fire TVシリーズ
配信楽曲数 100万曲以上
アーティスト AKB48、AI、GreeeeN、HY、MACO、森山直太朗、エレファントカシマシ、テイラー・スウィフト、アリアナ・グランデ、マルーン 5、エリック・クラプトン、マイルス・デイヴィス、スティーヴィー・ワンダー、ポール・マッカートニーなど
音質 ネットワーク環境に合わせて自動調整
または
256kbps(高)、128kbps(中)、48kbps(低)から選択可能

iPhoneで「Prime Music」を使ってみた

iPhoneで「Prime Music」を使うためには、Apple Storeから「Amazon Music – AMZN Mobile LLC」をインストールします。

はじめに、Amazon Musicを起動すると、サインインを求められます。

Amazonプライム会員に登録しているAmazonアカウントでサインインしましょう。※Amazonプライム会員はこちらから登録できます。30日間の無料期間も付いています。

サインイン

「Prime Musicへ>」をタップ。

Prime Musicへ

「Prime Music」のホーム画面が表示されます。

おすすめ

音楽を探す・聴く

右上の「虫眼鏡アイコン」をタップすると、アーティスト、アルバム、楽曲を検索できます。

虫眼鏡アイコン

今回は、AKB48を検索してみました。

AKB48

アーティストのページに移動すると、楽曲がずらーっと並んでいます。

ギンガムチェック

楽曲名をタップすると、再生が始まります。音質は良く、シークバーで好きな箇所を聴けます。邪魔な広告も一切ありません。

再生中

プライムラジオ

プライムラジオを利用すれば、好きなジャンルの音楽を24時間いつでもエンドレスに流してくれます。

J-POP、ロック、ジャズ、クラシック、ヘヴィ・メタルなど、幅広く用意されています。80年代・90年代・00年代・10年代など、年代ごとに選ぶことも可能です。

プライムラジオ

曲にお気に入りを付けることで、どんどん自分ごのみのプレイリストに仕上がっていきます。

iPhoneに楽曲を保存して、オフラインで聴けるようにする

「Prime Music」は、iPhoneに楽曲を保存することが可能です。

この機能を使えば、モバイルデータ通信量を消費しないので、通信速度制限を心配することなく、何時間でも音楽を楽しめます。

iPhoneに楽曲をダウンロードする方法は、次の通りです。

アルバム、楽曲の「・・・」から「ダウンロード」をタップ。

ダウンロード

または、アルバムページにある「↓」アイコンをタップ。

ダウンロードアイコン

iPhoneに保存したアルバム、楽曲は、「ライブラリ」から確認できます。

左上の「三」をタップ。

メニュー

「ライブラリ」をタップ。

ライブラリ クラウドライブラリ

感想

“Amazonプライム会員なら、追加料金なしで定額制・音楽聴き放題サービスが楽しめる”という発表は、とても大きなインパクトがありました。

映画・ドラマ・アニメ見放題の「プライム・ビデオ」に続く、Amazonプライム向けサービスの追加で、Amazonプライム会員の魅力がぐっと大きくなったと感じます。

これをきっかけに、Amazonプライム会員に登録する方も多いと思いのではないでしょうか?

しかし、「月額料金が安い分、他社の定額制・音楽聴き放題サービスに比べると、楽曲の充実度が劣っている」というのも正直な感想です。

特に、邦楽が少なく、ソニー・ミュージック、エイベックスなどに所属しているアーティストの音楽を聴きたいなら、『Google Play Music』を使った方が良いでしょう。

これからの音楽ラインナップの充実に期待していきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。