昔懐かしファミコンゲーム「ロックマン」シリーズがiOSに登場!iPhoneで遊んでみた

1月7日、ゲーム大手カプコンは、名作ファミコンゲーム「ロックマン」シリーズをiOSアプリとして配信開始しました。

ロックマンシリーズといえば、全シリーズ世界累計販売実績3000万本以上の超大ヒットゲームシリーズです。

今回、配信されたロックマシリーズは、

  • ロックマンモバイル(原作:ロックマン)
  • ロックマン2 モバイル(原作:ロックマン2 Dr.ワイリーの謎)
  • ロックマン 3 モバイル(原作:ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?)
  • ロックマン4 モバイル(原作:ロックマン4 新たなる野望!!)
  • ロックマン5 モバイル(原作:ロックマン5 ブルースの罠!?)
  • ロックマン6 モバイル(原作:ロックマン6 史上最大の戦い!!)

の合計6作品。価格はそれぞれ360円。課金なしの売り切りとなっています。

スマートフォン用にアレンジされているのではなく、ファミコンで発売された当時を再現。8bit機の昔懐かしいグラフィックでプレイできます。

それぞれのアプリは、次からインストール可能。

iPhoneでロックマンを遊んでみた

実際、僕のiPhoneに「ロックマン モバイル」をインストールして、遊んでみました。

オープニング画面はこんな感じ。

難易度は、「NORMAL MODE」と「HARD MODE」の2種類から選ぶことができます。今回は、「NORMAL MODE」で遊んでみました。

ロックマンを「左の操作キー」で動かし、右のボタンで上から「簡易武器チェンジ」「攻撃(ロケットバスター)」「ジャンプ」ができます。

ただでさえかなり難しい操作が要求されるロックマンシリーズ。左操作キーから指が少しでもはみ出すと立ち止まって動かなかったり・・・物理的な操作ボタンがないことでより一層難しくなっています。

数え切れないほどやられてしまいましたが、「NORMAL MODE」時は、残機が無限で何度でも復活できます。(HARD MODEは、残機が有限で敵の攻撃力も高いようです。)

また、やられてもスタート地点から、やり直しではなく、通常より近くのポイントから再開できます。

何度もやられ…なんだかんだでボス戦までたどり着きました。

こいつ(DRN.003 カットマン )は、かなり手強かったです。

トリッキーな動きをするため、先がまったく読めず、攻撃が当たりません。

10回以上やられて、ようやく倒しました。

あいかわらず、凄まじい難易度の高さです。ロックマンシリーズ世代の方、子供の頃に友達と遊んだ頃を懐かしみながら、プレイしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。