スマホ(iPhone・Android)用ブルーライトカットフィルムで目の疲れ・睡眠障害対策

こんにちは。以前、パソコンやスマートフォンの液晶ディスプレイから出てくる“ブルーライト”が疲れ目・睡眠障害の原因になると紹介しました。

詳しくはこちら → 効果絶大!パソコン用ブルーライトカットメガネで目の疲れを軽減

パソコンは、”ブルーライトカットメガネ”をかけるとこで対策できますが、スマートフォンは、どのような対策をすればいいでしょうか?

「外出先でも、ブルーライトカットメガネをかければ良い」という意見もあるでしょうが、僕は、あまり、外出先でメガネをかけたくありません。

そこで、おすすめする方法は、スマートフォンの液晶画面にブルーライトカットフィルムを貼ることです。一度貼ってしまえば、あとは何もしなくても、ブルーライトカットができます。

特に、寝る前にスマートフォンをチェック癖のある人、これを貼っているかどうかで睡眠の質も変わります。スマートフォンを長時間使って、常に、目が疲れている、寝付きが悪いという方は、”ブルーライトカットフィルム”の導入を考えてはいかがでしょうか?

※ここで紹介していることは、すべての人に効果があるとは断言できませんのであしからず。

おすすめのブルーライトカットフィルム

おすすめのブルーライトカットフィルムは、インターネット上でも評判の高い、日本メーカーが提供している「Z’us-G(ゼウスジー)」です。ブルーライトを約28%カットしてくれます。

このZ’us-G(ゼウスジー)は、ブルーライトカットフィルムとしてだけでなく、液晶保護フィルムとしても優秀です。

メーカー公式サイトを見ると、高強度・高品質の「アルミノシリケートガラス」を採用しているため、落下などの衝撃や傷に強く、割れにくいという説明があります。

購入方法

まずは、次のリンクから、Z’us-G(ゼウスジー)オンラインショップに移動します。

ゼウスジー

左メニューから所有しているスマートフォン端末の「ブルーライトカット」機能付きのフィルムを購入しましょう。

smartphone-bluelight-cut

Amazonからも購入できます。

ブルーライトカットフィルムを導入した感想

ブルーライトカットメガネのように、「黄色っぽくなるのかな」と思いましたが、僕は、普通の液晶フィルムと変わらない色と感じました。

正直、すぐにはブルーライトカットの効果を実感しづらいですが、数日使っていると、なんとなく目が疲れにくい気がしました。この辺は、個人差があると思います。

まとめ

スマートフォンは、今や生活必需品といってもいいぐらい、無くてはならないものです。皆さんも、家族や友達とのコミュニケーション、インターネット検索、映画・音楽、ゲーム、電子書籍など、さまざまな使い方をしていることでしょう。

しかし、それと同時に、目に大きな負担をかけているのも事実です。特に、スマートフォンから出てくるブルーライトは、目の疲れの他に、睡眠障害の原因にもなります。

使用している時間が長いスマートフォンだからこそ、ブルーライト対策をしっかりと行いたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。