スマートフォンでTV番組「TVer」視聴するときのデータ通信量を調べてみた【検証】

10月26日、民放5社共同による無料テレビ番組配信サービス「TVer(ティーバー)」がスタートしました。

パソコンだけでなく、TVerアプリ(各局のアプリ)をインストールすることで、”スマートフォン/タブレット”でも視聴ができます。

しかし、ここで気になるのが、モバイルデータ通信量をどのぐらい使うのかです。

TVerは、著作権上の都合でダウンロード・保存・コピーが一切できません。

つまり、Wi-Fi環境以外で、テレビ番組を再生すると、常にモバイルデータ通信を行うことになります。

そして、モバイルデータ通信量が”契約中のデータ容量”に到達すると、キャリア(Docomo、au、SoftBankなど)の通信速度制限に引っかかってしまいます。

一度、通信速度制限に引っかかると、解除されるまでの間、通信速度が極端に遅くなり、インターネット検索、マップ、テレビ電話など、あらゆる動作が重くなってしまいます。

そこで、今回は、スマートフォンでテレビ番組「TVer」アプリを使った場合の”モバイルデータ通信量”を調査してみました。

調査方法

有吉反省会

iPhone 5Sにイヤホンを付け、iOS版TVerアプリ(民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」 – PRESENTCAST INC.)で日テレ「有吉反省会」(19分26分 + 広告)を4Gの通信環境で再生してみました。

調査条件
機種 iPhone 5S
通信環境 4G
テレビ番組 有吉反省会(2015/10/24放送分)
再生時間 19分26秒 + 広告
その他 イヤホン装着、画質は自動、ホーム画面からアプリを起動後に再生

結果

その結果、モバイルデータ通信量は”286MB”になりました。

モバイルデータ通信
調査結果
モバイルデータ通信量 286MB
バッテリー消費量 8%

つまり、TVerアプリでテレビ番組を約20分間見ると、モバイルデータ通信量は”286MB”になります。

1時間だと”856MB”になる計算です。

もし、auでiPhoneを”データ定額5(5GB)プラン”で契約しているなら、TVerアプリでテレビ番組を約6時間視聴すると通信速度制限に引っ掛かり、月末まで通信速度が128kbps以下に制限されてしまいます。

1ヶ月を30日として日割り計算すると、1日に約12分間しか視聴できないことになります。

まとめ

今回の調査結果から、日常的に外出先でWi-Fi接続をせずに、テレビ番組を視聴していると、あっという間に通信速度制限に引っかかることが分かります。

そのため、通信速度制限を気にするのなら、外出先ではテレビ番組を見ずに、できるだけスマートフォン(iPhone、Android)がWi-Fi接続できる場所で、TVerアプリを利用することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。