Windows7とWindows10の違い(比較)

先日、Microsoftは、「Windows10を2015年7月29日に公開する」と発表しました。その日に、Windows7ユーザーは、”無料”でWindows10にアップグレードできるようになります。

では、Windows7とWindows10の違いは何でしょうか?


Windows10の紹介動画

必要なパソコンの性能

「Windows7からWindows10にアップグレードしたら、パソコンの動きがすごく重くなった」ということになったら、困りますよね。

そうならないために、Windows7とWindows10のシステム要件(必要な機能と性能)を確認しましょう。

Windows7のシステム要件
32Bit版 64Bit版
CPU 1GHz 以上
メモリ 1GB 2GB
HDDの空き容量 16GB 20GB
グラフィックス カード Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)
Windows10のシステム要件
32Bit版 64Bit版
CPU 1GHz 以上
メモリ 1GB 2GB
HDDの空き容量 16GB 20GB
グラフィックス カード Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)

上の表を見れば分かる通り、全く一緒です。

つまり、Windows7でサクサク動いていたパソコンなら、Windows10でもサクサク動くということです。

起動時間

Windows10プレビュー版をさわってみた感想として、Windows10の起動時間は、Windows8と同様、大幅に短縮されていました。

このことは、MicrosoftのWindows10の新機能ページでも紹介されています。

起動と再開にかかる時間が短縮されているほか、お客様を絶えず保護するために、組み込みのセキュリティが強化されています。
出典:Windows 10 の機能 – マイクロソフト

これで、パソコンが起動するまで、じーーっと待つ必要がなくなりそうです。

スタートメニュー

パソコンに入っているソフト・アプリを探すとき、頻繁に使う「スタートメニュー」。Windows10では、Windows7よりカスタマイズ機能が強化されました。

よく使うソフト・アプリをドラッグ&ドロップで自分好みに配置できます。

windos7-windows10-start-menu windos7-windows10

デスクトップを増やせる

MacやLinuxのように、デスクトップを増やすことができます。

Windows10の仮想デスクトップ

例えば、デスクトップを仕事用、プライベート用など、目的に合わせて使い分ける(増やす)ことで、ファイルが探しやすくなり、作業の効率化が図れます。

Windows10の新機能「仮想デスクトップ」で作業効率化を図る

Windows10では、ブラウザが「Edge」になる

Windows10では、インターネットでWebサイトを閲覧するためのブラウザが「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」になります。(Windows7では、「インターネットエクスプローラー(IE)」)

何が違うか?とにかくIEとは別物のブラウザのようです。

例えば、
・IE11と比べて、Webサイトの表示が大幅に高速化している。
・Webサイトに手書き入力をして、そのまま保存・共有できる機能「Web Note」を搭載している。
・Webサイトの記事を読みやすくする機能「読書モード」(Safariのリーダー機能のようなもの)を搭載している。など

特に、気になるのが、「Chrome」と「Firefox」の拡張機能(アドオン)を「Microsoft Edge」向けに簡単に変換できることです。これで、IEでは貧弱だった拡張機能の種類が増えるかもしれません。


Microsoft Edgeの紹介動画

Windows10の新ブラウザ「Microsoft Edge」を使ってみた。違いとかまとめ

Windows ストアが使える

Windows10では、Windows8でも提供されていた「Windowsストア」が使えるようになります。(Windows7では使えません。)

Windowsストアとは、Appleが提供している「Apple Store」、Googleが提供している「Google Play」のようなものです。

つまり、Microsoftの審査を通過した品質の高い「アプリ、ゲーム、音楽、映画、テレビ番組」を手軽にインストールできるようになります。ただし、現状、アプリがあまり充実していないので、今後に期待といったところです。

音声認証ソフト「Cortana」搭載

Windows10では、新しく音声認証型のパーソナルアシスタント機能「Cortana(コルタナ)」が搭載されました。iPhoneのSiriのような機能です。

Cortana

カレンダー予定作成、リマインダーの追加、アラーム設定、音楽再生、天気予報、株価チェック、Web検索などを音声で操作できます。

Windows10のCortana(コルタナ)って何?使い方まとめ

フォントが変わる

Windows10では、フォントが「メイリオ」から「Yu Gothic UI(游ゴシックの派生)」に変わりました。

メイリオと比較すると、新しいフォントであるYu Gothic UIは、文字が全体的にほっそりとした印象を受けます。

windows10-font-meiryo

Windows10のフォントをメイリオに変更・戻す方法

キャンディクラッシュが遊べる

Windows10には、あの人気パズルゲーム「Candy Crush Saga(キャンディクラッシュ)」がプリインストールされています。

今まで、スマートフォンで遊んでいた方、Windows10にアップグレードすれば、パソコンの大画面でキャンディクラッシュが体験できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。