Windows10の新機能「仮想デスクトップ」で作業効率化を図る

Windows10には、新機能「仮想デスクトップ」が搭載されています。つまり、デスクトップを増やすことができます。

仮想デスクトップを利用し、デスクトップを用途別に使い分けることで、作業効率化が図れます。

例えば、仕事で使う場合、デスクトップ1は「調べ物用」、デスクトップ2は「見積作成用」、デスクトップ3は「図面作成用」という使い方をすれば、ファイルが探しやすくなります。

仮想デスクトップの使い方

仮想デスクトップの使い方をよく知るには、「仮想デスクトップがないとき」と「仮想デスクトップあるとき」を比較すると分かりやすいでしょう。

仮想デスクトップがない場合

普通、アプリケーションをいっぱい開くと、画面がごちゃごちゃになってしまいますよね。

仮想デスクトップがないとき

写真フォルダ、Excel、Word、Microsoft Edge、キャンディクラッシュ・・・どこに何があるのか分かりません。

仮想デスクトップがある場合

「デスクトップがごちゃごちゃになった・・・」というときに、役立つのが仮想デスクトップ機能です。アプリケーションをデスクトップごとに分けることで、スッキリします。

今回は、仮想デスクトップを4個(「デスクトップ1」~「デスクトップ4」)を追加して、”写真フォルダ、Excel、Word、Microsoft Edge、キャンディクラッシュ”分けてみました。

デスクトップ1

デスクトップ1には「写真フォルダ」と「Microsoft Edge」を配置しました。写真検索とインターネットでの調べ物を行います。

ヤフージャパン

デスクトップ2

デスクトップ2には「Excel」を配置しました。見積書作成など、表計算を行います。

Excel

デスクトップ3

デスクトップ3には「Word」を作成しました。会議資料の作成を行います。

Word

デスクトップ4

デスクトップ4には「キャンディクラッシュ」を配置しました。休憩時間や上司が席を外したときに遊びます。

キャンディクラッシュ

タスクバーもすっきりしました。

特に、複数のWordファイルを開いてるとき、用途に合わせてデスクトップで分けていれば、「タスクバーのWordアイコンにカーソルを合わせて、目的のWordファイルを探す・・・」という煩わしい動作が必要無くなります。

色々なアプリケーションを開いていると、どうしても作業以外のことに意識がいき、集中力が落ちやすくなります。デスクトップごとに、分けていれば作業以外の内容が目にはいらないので、集中力と仕事の生産性も向上できるでしょう。

仮想デスクトップを追加する方法

実際に、仮想デスクトップを追加してみましょう。まずは、タスクバーの左側にある「タスクビュー」をクリック。

タスクビュー

「+新しいデスクトップ」をクリック。

+新しいデスクトップ

「デスクトップ2」が追加されました。とても、簡単ですね。

デスクトップ2

仮想デスクトップの最大数は、特に定められていないようです。ただし、仮想デスクトップを増やしすぎると、パソコンの動作が重くなってしまうので注意しましょう。

仮想デスクトップを削除する方法

追加したデスクトップを削除するときは、デスクトップ右上の「×」をクリックします。

仮想デスクトップを削除

仮想デスクトップの切り替え方法

「デスクトップ1」から「デスクトップ3」など、仮想デスクトップを切り替える方法は、2つあります。

1、タスクビューから切り替え

タスクバーにある「タスクビュー」をクリックしてから、開きたいデスクトップをクリックすればOKです。

仮想デスクトップの切り替え

また、何かアプリケーションを開いているときに、タスクビューをクリックすると、開いてるアプリケーション一覧が表示されます。

アプリケーションを削除

アプリケーション右上の「×」をクリックすれば、そのまま閉じることも可能です。

2、ショートカットキーで切り替え

キーボードの「Windowsキー」+「Ctrl」+「←」または「→」を押して、仮想デスクトップを切り替えることもできます。

仮想デスクトップのショートカットキー

アプリケーションを別のデスクトップに移動する方法

例えば、デスクトップ1にある「Word」をデスクトップ2に移動することがも簡単にできます。

移動したいアプリケーションで「右クリック」をしてから、「移動」→「デスクトップ○」を選択します。

アプリケーションを移動

▲上記では、Wordをデスクトップ2に移動します。

アプリケーションが他のデスクトップに移動しました。

移動完了

注意事項

パソコンをシャットダウン・再起動しても追加したデスクトップは残りますが、開いていたアプリケーションは消えてしまいます。次回も同じ状態で作業をスタートしたいなら、スリープモードでパソコンを閉じましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。