Windows10アップグレード前に、バックアップを作成する方法(Windows7)

Windows7からWindows10に無料アップグレードにするときは、万が一失敗してもロールバックにより、以前の状態(Windows7)に戻してくれるようになってます。

しかし、突然電源が切れるなど、何らかの原因でロールバックが失敗する可能性があり、最悪すべてのデータを失います。そんな場合に備えて、Windows10アップグレード前に、”イメージバックアップ”“システム修復ディスクの作成”をオススメします。

イメージバックアップとは

イメージバックアップとは、パソコン内すべてのデータを”そっくりそのまま”バックアップする方法です。これは、Windows7の標準機能にあります。

具体的には、パソコン内の書類、写真、音楽、アプリ、各種設定、Windowsのデータなどです。

システム修復ディスクとは

システム修復ディスクとは、Windowsが起動できなくなった際に使用する、復旧のためのディスクです。

※Windows7のインストールメディアがない場合は、作成しておきましょう。

Windows7でイメージバックアップを作成する方法

さっそく、Windows7でイメージバックアップを作成する方法を見ていきましょう。

事前に必要なもの

必要なものは、「外付けHDD」と「CD-RまたはDVD-R」です。

イメージバックアップの保存先が「外付けHDD」、システム修復ディスクの保存先が「CD-RまたはDVD-R」となります。

補足:イメージバックアップの保存先は、DVD-Rでも可能です。しかし、イメージバックアップの容量は、数百GBになることも珍しくなく、4.7GBの容量しかないDVD-Rに保存していくのは現実的ではありません。ゆえに”外付けHDD”がオススメです。

使い方にもよりますが、イメージバックアップ用の外付けHDD容量は、1TBあれば十分でしょう。

システム修復ディスクの容量は、159Mbytesなので、CD-Rでも問題ありません。

NTFS形式にフォーマットする

イメージバックアップの保存先を「外付けHDD」にする場合は、外付けHDDをNTFS形式でフォーマットする必要があります。

フォーマットとは、購入したときの状態に戻すと同時に、データ記録方式を変更することです。

これまで、外付けHDDに保存していたデータはすべて消えてしまうため、必要なデータが外付けHDDに保存されていないか確認しましょう。

フォーマットの操作手順

まず、パソコンに外付けHDDを接続します。

「コンピューター」から「接続した外付けHDD」を選択して、右クリック→フォーマットを選択しましょう。

フォーマット

ファイルシステムを「NTFS」にしてから、「開始」をクリックしましょう。(アロケーション ユニット サイズは4096バイトでOKです。)

NTFS

“警告:フォーマットするとこのディスクのすべてのデータが削除されます。”というメッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリック。

フォーマット開始

“フォーマットが完了しました。”というメッセージが表示されれば完了です。

フォーマットが完了しました

イメージバックアップの操作手順

「コントロールパネル」から「バックアップの作成」をクリック。

バックアップの作成

「システム イメージの作成」をクリック。

システム イメージの作成

「ハードディスク上(H)」を先ほどフォーマットした「外付けHDD」にしてから、「次へ(N)」をクリック。

ハードディスク上

イメージバックアップの内容を確認したら、「バックアップの開始(S)」をクリックします。

バックアップの開始

“バックアップを保存しています…”というメッセージが表示されるので、しばらく待ちましょう。

バックアップを保存しています...

“システム修復ディスクを作成しますか?”というメッセージが表示されるので、「はい(Y)」をクリック。※システム修復ディスクの作成は、後からでも可能です。

システム修復ディスクを作成しますか?

空の「CD-R」または「DVD-R」を挿入してから、「ディスクの作成(R)」をクリック。

ディスクの作成

“システム修復ディスクが完成しました”というメッセージが表示されたら、「イメージバックアップ」と「システム修復ディスク」の作成は完了です。

さいごに

もし、Windows10アップグレード中に、何か問題が発生して全データが消えてしまったら、今まで使用していたアプリをインストールし直さないといけません。写真、音楽、動画、書類は、2度と戻ってこない可能性もあるでしょう。

そんな恐ろしいことを防ぎたいなら「イメージバックアップ」と「システム修復ディスク」は必ず作成しておきましょう。とりあえず、この2つさえあれば、Windows10アップグレード中に何かトラブルが発生しても、多少時間はかかりますが、復旧することができます。

また、Windows10アップグレード時だけでなく、その後も、バックアップをとり続けていれば、パソコンが故障した場合も復旧できるのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。