Windows10でWindows.oldフォルダーを完全に削除する方法

Windows7/8.1からWindows10にアップグレードすると、ローカルディスクフォルダに「Windows.old」というフォルダーが生成されます。

このフォルダには、以前のWindowsバージョンで使用していたデータが入っており、このフォルダーがあることで、何かトラブルが発生しても、以前のWindowsバージョンに戻すことができます。

ただ、このフォルダーのサイズを確認すると、

やたら容量が大きいです。

Windows.oldフォルダー

サイズ:32.0GB、ファイル数:131,403、フォルダー数:28,889もあります・・・。

当然、「前のバージョンに戻すつもりはないし、今すぐにでも、こんなにサイズの大きいフォルダー消してしまいたい」と思うでしょう。

まあ、実を言うと、このWindows.oldフォルダーは、1ヶ月後に自動で削除されます。だから、パソコンの容量に余裕がある方は、万が一のことを考えて、1ヶ月間そのまま何もせずに消えるのを待っても良いと思います。

Windows.oldフォルダーを完全削除する

「HDDまたはSSDの容量がほとんど残っていない」「一ヶ月も待ってられない。どうしても今すぐ消したい」という方は、ディスククリーンアップを行うことで、Windows.oldフォルダーを綺麗さっぱり消し去ることができます。

まず、「WebとWindowsを検索」に「ディスククリーンアップ」と入力し、ディスククリーンアップを起動します。

ディスククリーンアップ

「システムファイルのクリーンアップ(S)」をクリック。

システムファイルのクリーンアップ

「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れてから、「OK」をクリックします。

以前のWindowsのインストール

“これらのファイルを完全に削除しますか?”というメッセージが表示されるので、「ファイルの削除」をクリック。

ファイルの削除

“以前のWindowsのインストールまたは一時インストールファイルをクリーンアップすると、コンピューターを以前のバージョンのWindowsに復元することはできなくなります。この操作を実行しますか?”というメッセージが表示されるので、本当に良ければ「はい(Y)」をクリックします。

ディスククリーンアップを本当にしてもいい?

ディスククリーンアップが始まります。

ディスククリーンアップ中

無事に「Windows.oldフォルダー」が削除されました。

Windows.oldフォルダーの削除が完了

7 件のコメント

  • 探していた情報がここで見つかり、大変参考になりました。
    ただ、直接Windows.oldフォルダを削除した場合はどうなるんでしょう?

    • Windows.oldフォルダは、”システムファイル”と認識されるため、右クリックで直接削除しようとすると、アクセス権の問題で「削除できない」または「一部だけファイルが残ってしまう」可能性があるようです。

  • まさにここに書かれてるのと同じ事をしてて
    Windowsのクリーンアップと言うのがものが出て来ました。
    C:が865GBしかないのに3.99TBもありました。不思議です。
    消そうか迷ってますが取り敢えず残してます。

  • 2017年1月に購入したASUSのノートブックT102Hですが購入した直後に
    文字化けがあり初期化して再インストールして問題が解決した。
    windows.oldが残り購入後1ヶ月経ってから削除を試みたが各種の方法でも
    削除出来ず困っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。