WordPress記事を3分でインデックス・検索結果に表示させるプラグイン「PubSubHubbub」

通常、ブログの記事を投稿してから、Google・Yahoo!の検索結果に表示されるようになるには、1~6時間、状況によっては1日以上かかるケースがあります。

せっかく、新鮮なニュースを仕入れて、誰よりも早く記事を作成&投稿しても、検索結果に反映されるまでにタイムラグがあるのです。

今回紹介する「PubSubHubbub」は、そんな問題を解決するWordPressプラグインです。

PubSubHubbubとは?

PubSubHubbub(ハブサブハブサブ)とは、ブログの更新情報を検索エンジン(Google・Yahoo!)にリアルタイムで通知する仕組みです。

もう少し詳しく説明しましょう。

普通、あなたの投稿した記事がGoogle・Yahoo!の検索結果に反映されるには、Googleのクローラー(ブログの内容を調べるためのロボット)に来てもらい、Googleにインデックス(ブログの情報を記録)してもらう必要があります。

つまり、「記事を投稿」→「クローラーによる調査」→「インデックス」という流れで、あなたの記事がGoogle・Yahoo!の検索結果に表示されるようになるのです。

ここで問題なのが、「記事を投稿」→「クローラーによる調査」までに、時間がかかる、タイムラグがあることです。

PubSubHubbubを使えば、クローラーに直接「記事を更新したよ」と通知し、数分で検索結果に反映させることができます。

PubSubHubbub導入前 PubSubHubbub導入後
記事を投稿した!Googleのクローラー早く来ないかな~ 記事を投稿した!Googleのクローラーに教えよう!

PubSubHubbubのインストール方法

ここからは、WordPressプラグイン「PubSubHubbub」をインストールする方法を見ていきましょう。

まず、WordPress管理画面の左メニューから「プラグイン」>「新規追加」に進みます。

hummingbird-recommend1

右上の検索ボックスから「PubSubHubbub」を検索。「今すぐインストール」ボタンをクリックしましょう。

wordpress-plugin-pubsubhubbub1

「プラグインを有効化」をクリックすれば完了です。インストール&有効化するだけでOK。特に、細かい設定は必要ありません。

wordpress-plugin-pubsubhubbub2

コピペサイト対策にもなる

PubSubHubbubは、コピペサイト対策にもなります。

あなたが記事を投稿してから、すぐにコピペサイトが記事をコピー&公開したとします。

もし、その記事が、あなたのブログより先に、コピペサイトにインデックスされたら、検索エンジンは、あなたのブログがコピペサイトだ!と判断する可能性があります。あなたが労力をかけて記事を書いたにもかかわらずです。

そうなると、あなたのブログが検索エンジンからペナルティを受け、検索結果から抹消される・・・という、最悪の状況になります。これを防ぐためにも、PubSubHubbubです。

まとめ

ブログの記事をGoogle・Yahoo!の検索に表示させたいなら、何も考えずに、PubSubHubbubを導入すれば良いでしょう。特に、ニュースブログ、トレンドブログに効果的です。

1分1秒でも検索結果に反映させる。それが、PubSubHubbubです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。