WordPressでリビジョンの回数を制限する方法

WordPressで同じ記事を何回も更新すると、リビジョンの回数がどんどん上がっていきます。

10回、20回程度なら良いのですが、80回、100回、150回、200回・・・になっていくと、データベースのサイズも増えていき、Webサイトの表示速度にも悪影響を与えます。

プラグインを使って定期的に削除するのもいいですが、いちいち面倒ですし、直近のリビジョンだけは削除せずに残したいところ。

この記事では、プラグインを使わずにリビジョンの回数を制限する方法を紹介します。

リビジョンとは、記事を更新するときに内容をまるまる履歴として保存してくれる便利な機能です。

このリビジョンのおかげで「間違って上書きをしてしまった」というときに過去にさかのぼって復元できます。

リビジョンの回数を制限する方法

まず、FTPソフト(FFFTP、FileZillaなど)を使って、WordPressの「wp-config.php」ファイルをローカル環境(Webサーバー → パソコン)に移動。

テキストエディタで開く

テキストエディタ(TeraPad、サクラエディタ、EmEditor、秀丸エディタなど)で開きます。

「wp-config.php」ファイルは、WordPressの設定をする重要なファイルですので、必ずバックアップしておきましょう。

コードを貼り付ける

最下部にある「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より手前に次のコードを貼り付けます。

define('WP_POST_REVISIONS', 20);
数値は、リビジョンの上限回数です。

上記のコードだと、20回までリビジョンを行います。回数は自由に変更してください。

こんな感じになります。

上書きする

最後に再びFTPソフトを使って、上書き保存すれば完了。リビジョンの回数が制限されました。

wordpress-ad-shortcode

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。