エックスサーバーとwpXサーバーの比較(違い)

エックスサーバーとwpXサーバーは、どちらも株式会社エックスサーバーが提供しているレンタルサーバーのブランドです。

料金やサービス内容はほぼ同じですが、とても”重大な違い“があります。

この記事では、両方使用したことある僕がエックスサーバーとwpXサーバーの違いを分かりやすくまとめみました。

エックスサーバーにするか、wpXサーバーにするか、迷っている方は、是非、参考にしてください。

エックスサーバーとwpXサーバーの比較表

まずは、比較表を見てみましょう。

  エックスサーバー wpXサーバー
プラン X10 S1
月額費用 1,000円(税抜) 1,000円(税抜)
初期費用 3,000円(税抜) 5,000円(税抜)
ディスク容量 200GB 30GB
転送量 70GB/日 50GB/日
マルチドメイン 無制限 10個(サブドメイン含む)
MySQL 50個 10個
メールアカウント数 無制限 無制限
独自SSL クイック認証SSL クイック認証SSL
稼働率 99.99%以上 99.99%以上
サーバー性能 最新高性能サーバー・SSD多重高速化(最新の20コアCPU、大容量192GBメモリ)
バックボーン 722Gbps
バックアップ Web・メールデータ「過去7日分」
MySQLデータベース「過去14日分」
Web・メールデータ・MySQLデータベース「過去14日分」
電話サポート 平日10:00~18:00
メールサポート 24時間365日
高速化機能 PHP7
HTTP/2
mod_pagespeed
FastCGI
OPcache
PHP7
mod_pagespeed
WordPress最適化
対応サイト・CMS すべて WordPress

上の比較表を見ると、

  • 月額費用
  • サーバー性能およびバックボーン
  • サポート体制

に違いはありません。

重大な違い

2つを比較するとき、気をつけなければならない重大な違いは、WordPress以外も使えるかどうかです。

エックスサーバーは、すべてのCMS(Movable Type、Joomla!、zen cart、Concrete5、EC-cubeなど)やCGIが使え、HTMLで静的なWebサイトを運用するのにも向いています。

wpXサーバーは、WordPressのみ運用できます。

その他の違い

その他を比較すると、エックスサーバーは、ディスク容量と転送量が多く、使用可能なドメイン数が無制限なところが優れています。

一方、wpXサーバーの優れているところは、バックアップと高速化機能(WordPress最適化)ぐらいでしょうか。

ここまで読むと、エックスサーバー一択と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか?

サポートセンターに問い合わせてみた

その辺の疑問を解消するために、今回、株式会社エックスサーバーのエックスサーバーサポートセンターにメールで「エックスサーバーとwpXサーバーの違いについて」問い合わせてみました。

以下、エックスサーバーサポートセンターの回答です。

wpXのレンタルサーバープランでは
WordPressの設置数が「10個まで」となっておりますが
それを超える予定がないのであればwpXの方が
WordPressの利用には適しているとお考えください。

ただ、何をもって「良い」と判断するのかについては
お客様の印象・主観による部分がどうしてもございます。

速度面などを優先されるということならwpXの方がよろしいかと存じますが
XserverではWordPress以外のサイトを運用することも可能ですし
ドメインも無制限に設定することが可能です。

速度面

回答では、WordPressを運用する際、wpXサーバーの方が速度面で優れていると明記されています。

Webサイト・ブログの表示速度が高速であれば、訪問者が快適にページを見れるだけでなく、SEO対策(Googleの検索順位)でも優遇されるメリットがあります。

なぜ、wpXサーバーの方が速度面で優れているのか。

その辺りの高速化技術について、「エックスサーバー社長ブログ」で触れられていますので、見ていきましょう。

抜粋すると、

完全に WordPress に特化したシステム構造で、
大量アクセスが発生する状況でも、WordPress を高速、安定的にご利用いただくことを目的としたサービスです。
様々な高速化技術を導入しているのですが、
その中でもリバースプロキシという仕組みを利用したキャッシング機能で、
通常レンタルサーバーでは困難な高速性・高負荷耐性を実現しています。

出典:エックスサーバー社長ブログ

とのことです。

ここでキーワードとなっているのが、”リバースプロキシ“です。

リバースプロキシについて、細かく説明すると、仕組みが複雑すぎて訳が分からなくなってしまいますが、簡単に言うと、Webサーバーの1つ手前に配置され、代わりにサイト情報を返してくれるサーバーのことです。

メリットとしては、主に

  • Webサーバーの負荷分散
  • キャッシュによる高速化
  • セキュリティ対策

があげられます。

Webサーバーの負荷分散

Webサーバーの負荷分散をすることで、複数のWebサーバーに負荷(処理)を分散でき、処理能力の向上が実現可能です。

イメージとしてはこんな感じ。

分かりやすく言えば、パソコンのCPUが「シングルコア(1つ)」から「トリプルコア(3つ)」になったようなもの。

人間でいえば、今まで「1人でしていた仕事」を「複数人で分担してする」ようなイメージです。

コンビニでも、レジが1つより、レジが2つの方が処理が速くなり、客の待ち時間も減りますよね?

キャッシュによる高速化

さらに、リバースプロキシでは、キャッシュの処理も行われています。

同時に独自の高速化システムを実行する「wpX Cache Controller」プラグインも取り入れられています。

通常、動的なWebサイト(WordPress)を開くときは、毎回、毎回「PHPからHTMLを生成する処理」が行われ、その都度、処理に時間が掛けられます。

その時間のロスを解消するのが、”キャッシュ”です。

あらかじめ、「PHPからHTMLを生成する処理」を行い、その内容をサーバー側に「キャッシュ」として保持。

「PHPからHTMLを生成する処理」の時間を無くすことで、ページの表示速度を高速化&サーバーの負荷を下げてくれます。

レンタルサーバーのキャッシュの図解

 

一応、エックスサーバーを使っていても、WordPressのプラグイン(WP Super Cache、Quick Cache、DB Cache Reloaded Fixなど)でキャッシュの処理はできます。

ただ、トラブルが多いのも事実で、高度な知識を持っていない素人の方に「キャッシュ系プラグイン」は、おすすめできません。

(僕も以前に「WP Super Cache」を使ったことがありますが、突然画面が真っ白になったり、予期せぬエラーがでました。)

wpXサーバーは、素人の方であっても、安心して”キャッシュ機能”を使って、Webサイト・ブログの速度を向上できるサーバーといえます。

もちろん、wpXサーバーの管理画面から、ドメインごとに、クリック1つで「キャッシュ」のON/OFFが可能です。

まとめ

若干、wpXサーバーよりの解説になってしまいましたが、株式会社エックスサーバーが提供するサーバー自体、性能がとても高いため、どちらを使っても快適な運用ができます。

大きな違いについては、

  • エックスサーバーは、どのようなWebサイト・ブログを運用するのにも向いている多用途なサーバー
  • wpXサーバーは、WordPressのみを運用するのに向いているWordPress専用サーバー

といったところです。

基本的には、エックスサーバーをおすすめしますが、”WordPressでブログを書くだけ”ならwpXサーバーもおすすめです。

実際、この当ブログもwpXサーバーで運用(2017年10月時点)していますが、確かに快適な表示速度で満足しています。

関連記事:【初心者】WordPressの始め方、wpXサーバー契約から独自ドメイン設定まで徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。