CSSで画像サイズを指定する時、縦横の比率を変更せずに(ゆがめず)トリミングする方法

ホームページ制作をしているとき、CSSで画像サイズを無理やり変更すると、不自然に画像がゆがんでしまいます。

例えば、縦200px × 横300pxの人物画像があります。

css-image-trimming

この画像をCSSで、縦150px × 横150pxに縮小すると、不自然にゆがみます。
※CSSでimgに「height:150px;」と「width:150px;」を指定

css-image-trimming

この問題を解決するために、CSSである指定をします。すると、次のように、縦横比率が不自然になることなく、画像をトリミングできます。

css-image-trimming

画像をゆがめずにトリミングする方法

では、さっそく、次の子供の女の子の画像を、ゆがめずにトリミングする方法を見ていきましょう。

css-image-trimming2

CSSを普通に指定

css-image-trimming2





<p class="trimming"><img src="http://webcommu.net/images/css-image-trimming2.jpg" alt="子供の笑顔" width="300" height="200" /></p>



.trimming img{
	width:150px;
	height:150px;
}

CSSをトリミングで指定

css-image-trimming2








<p class="trimming"><img src="http://webcommu.net/images/css-image-trimming2.jpg" alt="子供の笑顔" width="300" height="200" /></p>




.trimming{
	width:150px;
	height:150px;
	overflow: hidden;	/*追加*/
}

解説

CSSをトリミングで指定では、<img>タグを囲っている<p>タグに「width:150px;」と「height:150px;」を指定して、ボックス(150px×150px)を生成しています。

その後、「overflow: hidden;」を指定することで、ボックスからはみ出した部分を非表示にしています。

css-image-trimming3

補足

上記の例だと、ボックスが左上になってしまいます。

このボックスの位置を移動させたい。そんな場合は、CSSで<p>タグ(ボックス)に「position:relative;」、<img>タグに「position:absolute;」と「top」「left」を指定すればOKです。

例えば、次のように、上から8px、左から30pxボックスを移動させたい場合は、<p>タグに「position:relative;」、<img>タグに「position:absolute;」を追加後、<img>タグに「top:-8px;」「left:-30px;」を指定します。

css-image-trimming4

css-image-trimming2








<p class="trimming"><img src="http://webcommu.net/images/css-image-trimming2.jpg" alt="子供の笑顔" width="300" height="200" /></p>




.trimming{
	width:150px;
	height:150px;
	overflow: hidden;
	position:relative;	/*追加*/
}
.trimming img{
	position:absolute;	/*追加*/
	top:-8px;		/*追加*/
	left:-30px;		/*追加*/
}

解説

positionは、ボックスの配置方法を決めるときに用います。

このpositionには、「static(初期値)」「fixed(固定絶対位置)」「relative(相対位置)」「absolute(絶対位置)」の4種類の値があります。

今回は、「relative」と「absolute」の組合せを使いました。この組合せは、結構使えるので覚えておいて損はありません。

まず、<p>タグに「position:relative;」を指定しました。そうすると、<p>タグの左上が基準位置となります。(なぜ?という疑問があると思いますが、そういうものだと覚えてください。)

次に、<img>タグに「position:absolute;」を指定。そうすると、<p>タグの基準位置から、どのぐらい移動させるのかを「top」と「left」で指定できます。上記の例では、上(top)から「-8px」、左(left)から「-30px」移動させています。

css-image-trimming5

▲「relative」と「absolute」の組合せの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。