正しいSEO対策をする、Googleウェブマスター向けガイドラインを読もう

Webサイトを運営していると、「訪問者数が伸びない」「急に訪問者数が激減した」など、様々な悩みがでてきます。

訪問者数を増やして、稼げるWebサイトにする。

そのためには、”SEO対策”がとても重要です。

※SEO対策とは、WebサイトをYahoo!やGoogleの検索結果の上位に表示させるための対策です。

しかし、インターネットでSEO対策について調べると、間違った情報を多く見かけます。

例えば、次のSEO対策は、絶対にしてはいけません。

  • キーワードを詰め込む。
  • 隠しテキストを入れる。
  • 被リンクを購入する。

間違ったSEO対策をすれば、検索結果の上位に表示させるどころか、Googleからペナルティを受けて、Webサイトが検索結果に表示されなくなります。

では、どうすればいいのか?

その答えである”正しいSEO対策”は、Googleウェブマスター向けガイドラインに書かれています。

Googleウェブマスター向けガイドラインとは

Googleが検索結果の順位を決定するための指針です。

つまり、Googleウェブマスター向けガイドラインを見れば、「何をすれば検索順位が上がり、何をすれば検索順位が下がるか」が分かります。

ウェブマスター向けガイドライン

Googleウェブマスター向けガイドラインはこちら

Googleウェブマスター向けガイドラインを見ると、大きく3つの内容に分かれています。

  • デザインとコンテンツに関するガイドライン
  • 技術に関するガイドライン
  • 品質に関するガイドライン

ひとつひとつ見ていきましょう。

デザインとコンテンツに関するガイドライン

「どのようなWebサイトを制作するべきか」記載されています。

例えば、「Webサイトは分かりやすい構造にする」「サイトマップを用意する」「1ページ中にリンクを増やし過ぎない」「タイトルを分かりやすくする」「リンク切れをなくす」などです。

技術に関するガイドライン

「Googlebotと相性の良いWebサイトにする方法」記載されています。

Googlebotとは、Googleが採用しているWebサイトの内容を調べるためのロボットです。

クロールの統計情報

▲ウェブマスターツール「クロールの統計情報」

Googleは、このロボットが集めた情報を元に、Webサイトの検索順位を決定しています。

そのため、このガイドラインを読んで、Googlebotと相性の良いWebサイトにすることが重要になります。

品質に関するガイドライン

「不正行為について」記載されてます。

Googleからペナルティを受けて、検索順位が下がるといったことがないように、内容をしっかりと理解しましょう。

Googleの基本方針は次の通りです。

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

この基本方針に合致していないWebサイトは、Googleからスパムサイトと見なされる可能性があります。

もし、この基本方針に記載されていない方法で、不正に検索順位を上げても、そのうちGoogleで新たな対応策を実施します。

Googleでは、抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを遵守しましょうと提案しています。

まとめ

Googleウェブマスター向けガイドラインは、読みやすいものではありませんが、実際、検索順位を決めているGoogleが公表しているガイドラインなので、信ぴょう性は100%と言えます。

Googleの意図は、インターネット人口を増やして、圧倒的なシェアを占めているGoogleの検索エンジンを多くの人に使ってもらうことだと考えられます。

それがGoogleの収益の拡大に繋がるからです。

そのためにも、Googleは今後も、インターネットの信頼性を下げるような品質の低いWebサイトを淘汰していくでしょう。

だからこそ、目指すべきは、”Googleが考える品質の高いWebサイトの制作”です。

このGoogleウェブマスター向けガイドラインを何回も読み、しっかりと理解し、安定的に成長するWebサイトを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。