紙やすりで復活!AngLink 珪藻土バスマットを手入れしてみた

以前、当ブログでは、”AngLink 珪藻土バスマット”の購入レビュー記事を掲載しました。

【速乾】超おすすめ・人気の「AngLink 珪藻土バスマット」を購入レビュー

2018.01.17

噂通り、圧倒的な”吸収力”と”速乾性”があり、大満足して使っていましたが、購入から半年以上が経過して、だんだんと吸収力が落ちてきました。

最近では、AngLink 珪藻土バスマットで足踏みしてしばらく経っても濡れたまま。

明らかに吸収力が落ちていました。

そこでAngLink 珪藻土バスマットの吸収力を取り戻すべく、紙やすりで磨いてみました。

その結果、見事に新品同様に吸収力が復活したので、今回実践した”お手入れ方法”を分かりやすく紹介してたいと思います。

AngLink 珪藻土バスマットの吸収力が落ちる原因

なぜ、AngLink 珪藻土バスマットの吸収力が落ちてしまったのか?

それは、AngLink 珪藻土バスマットの「湿度が高いときは湿気を吸収」「湿度が低いときは湿気を放出」する働きを担っている表面の小さな穴。

このナノレベルの小さな穴に”皮脂”や”ホコリ”などの汚れが詰まったからです。

AngLink 珪藻土バスマットのお手入れ方法

AngLink 珪藻土バスマットの吸収力が低下した原因は、表面の小さな穴に汚れが詰まったからです。

だから、紙やすりで根こそぎ汚れを取り払っていきましょう。

必要なものは、

  • 紙やすり
  • 乾いたタオル

の2点です。

場所は、AngLink 珪藻土バスマットを削った粉が飛び散るので、ベランダやお風呂場をおすすめします。

紙やすり

紙やすりには、表面の粗さによって番号が決められています。

おすすめは、320~400番の間です。

ホームセンターや100円ショップの他、Amazonでも購入できます。

KAKURI 紙ヤスリセット #400 12枚入

まず、紙やすりと乾いたタオルを用意。

紙やすりで「AngLink 珪藻土バスマット」の表面をまんべんなく磨いていきます。

白い粉が出てきたら、「AngLink 珪藻土バスマット」の表面が削られ、汚れが取れている証拠です。

全体的に表面を削ったらOKです。

水洗いしてしまうと、せっかく落とした汚れが再び付着してしまいます。

乾いたタオルでこすって白い粉を取り除いてください。

お手入れの結果

戻ってきました!

あの初めて「AngLink 珪藻土バスマット」に足を乗せたときの”吸い付くような感覚”が戻ってきました。

やはり、あらためて素晴らしいマットです。

「最近、吸収力が落ちたな~」という方は、ぜひ紙やすりで磨いてやってください。

簡単に新品同様の吸収力が復活しますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。