iPhone5Sから6Sに乗り換えたので新機能・違いをまとめた(比較)

iPhone6S

先日、2年間使っていた”iPhone5S”から”iPhone6S”に乗り換えました。

基本的な操作方法は同じですが、色々と便利な機能が加わったみたいなので、これから、iPhone6Sを使いこなすために「なにが変わったのか」「実際に使ってみてどのように感じたのか」をまとめていきたいと思います。

本体サイズが大きくなった

iPhone6Sを手に持って、一番最初に感じたのは、本体サイズが大きくなったことです。iPhone5Sと比べると、明らかに本体の大きさが違います。(XperiaZ5より少し小さいぐらいです。)

iphone5s-iphone6s-comparison2
本体サイズの比較
iPhone5S iPhone6S
高さ:123.8 mm
幅:58.6 mm
厚さ:7.6 mm
高さ:138.3 mm
幅:67.1 mm
厚さ:7.1 mm

iPhone5Sは、片手で問題なく操作ができましたが、iPhone6Sでは、片手で画面上部をタップしようとすると、手から地面に落ちそうになります。

一応、ホームボタンをダブルタップ(2回ポンポンと叩く)と、画面が下がってきますが、いちいち、画面上部をタップする度に、その動作を行うのは煩わしい・・・。

ズボンや上着のポケットに入れる分には気になりませんが、やはり、片手で操作がやりにくいため、個人的には、iPhone5Sの本体サイズがちょうど良いと感じました。ただ、全体的に丸みを帯びているので、同じような大きさのスマートフォン(XperiaZ5など)と比べると、持ちやすくなっています。

iphone5s-iphone6s-comparison3

▲iPhone6Sを片手で持った写真

ただ、画面サイズが「4インチ」から「4.7インチ」になり、1画面に表示できるアプリの数が増えたのは良かったと思います。よく使うアプリが1画面にまとまりました。

iphone5s-iphone6s-comparison4

▲左:iPhone5S     右:iPhone6S

新機能「3D Touch」が良い感じ

iPhone6Sから搭載された新機能が、テレビCMで何回も宣伝されている「3D Touch」です。

簡単に言うと、タップの強さ、つまり、iPhoneの画面を押す強さによって、動作が変わります。正直、あまり期待していなかったのですが、使い慣れてると「なかなか面白い機能だな」と感じてきました。

少し触ると自然に「普通のタップ」と「3D Touch」をほぼ完璧に使い分けできるようになります。この「3D Touch」は、絶対に必要って訳ではないですが、結構、気に入りました。

クイックアクション

▲「3D Touch」の”クイックアクション”を使っている様子

このクイックアクションの素晴らしいところは、アプリを立ち上げてから、色々探すという手間が省けることです。

例えば、メッセージアプリのアイコンを強めに押すと、頻繁に連絡する相手の名前が出てきて、その相手のトーク画面を直接開くことができます。他にも、カメラアプリなら”直接”セルフィー(自撮り)モードにできたり、メモアプリなら”直接”新規メモを開くことができたり、Safariなら”直接”新規プライベートタブを開くことができます。

Peek(ピーク)

また、「3D Touch」の”Peek”を使えば、画面を移動しなくても、リンク先の内容を覗けます。

LINEの既読をつけないで読む!iPhone6Sの3D Touchが便利

例えば、メールにURLが載っているとき、そのURLを少し強く押せば、Safariに移動することなく、URL先のWebサイトを覗けます。

▲「3D Touch」の”Peek”を使っている様子

キーボードがトラックパッドになる

さらに、文字入力のとき、キーボードを1回ぎゅっと強く押すと、キーボードが”トラックパッド”に変わります。

カーソルを思い通りに移動できたり、文字の選択が簡単&正確にできるようになります。

▲「3D Touch」でカーソルを移動して、文章を選択&コピーしている様子

※文字の選択をするには、キーボードをトラックパッドにした状態で、もう一度、キーボードを強く押し、スライドさせます。

「Hey Siri」と呼べば、Siriと会話できる

iPhoneに「Hey Siri」と呼びかければ、ホーム画面を押すことなく”Siri”と会話できます。

iPhone5Sでは、電源に接続しないと、この機能を使えませんでしたが、iPhone6Sなら電源を接続しなくてもOKです。

ios9-hey-siri-use

これで、料理で手が汚れているときも、「Hey Siri!3分タイマー」と呼びかければ、3分間のタイマーをセッティングしてくれます。

Siriの便利さを知ってしまったら、iPhoneを起動して、使いたいアプリを探すのが面倒になってきますよ。

【iOS9】あなたの声を認識「Hey Siri」でホームボタンを押さずにSiriと話せる

4Kビデオ撮影ができる

iPhone6Sなら4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)ができます。

大切な思い出をフルハイビジョンの4倍の画質で撮影できるのは素晴らしいですね!

ちなみに、YouTubeが4Kに対応しているので、iPhone6Sで4Kビデオを撮影して、そのままの高画質でアップロードするってことができます。

その他

その他、iPhone6Sで変わったことを紹介します。

僕はあまり3Dグラフィックのゲームをしないので違いが分かりませんが、チップが「A7」から「A9」になりました。CPUとグラフィック性能が大幅に向上したようです。つまり、あらゆる動作が軽快になりました。

背面カメラの性能が”8メガピクセル”から”12メガピクセル”に向上したのに加え、「Live Photos」という新機能が追加されました。これは、シャッターを押した前後の映像とサウンドを保存する撮影方法です。動画撮影と違い、シャッターを一回押すだけでOKです。なかなか面白い機能です。

Touch ID(指紋認証)の精度がiPhone5Sより向上しました。そういえば、なんとなく、指紋の感知が素早くなったような気がします。

高音質通話「VoLTE(ボルテ)」に対応しました。音がクリアで聞き取りやすい通話になるとのことです。

iPhone6S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。