iPhone 6Sでバッテリー残量があるのに電源が突然シャットダウンする問題の解決方法

iPhone 6Sでまだバッテリー残量が残っているのに電源が突然シャットダウンしてしまう。

この問題は、色々なIT系ニュースサイトで紹介されていたので知っていましたが、まさか、僕が愛用するiPhone 6Sで同じ症状が発生するとは・・・。

iPhone 6Sのバッテリー問題の概要

この問題は、一部のiPhone 6sでバッテリー残量が50~60%残っているにも関わらず、電源が予期せずにシャットダウンするというもの。

僕のiPhone 6Sでも自宅でバッテリー残量が30%あるのに突然シャットダウンしたり、奈良県の吉野山に紅葉を見に行っているときにバッテリー残量が50%あるの関わらず突然シャットダウンしました。

一応、iPhoneをリセット(電源ボタン + ホームボタン長押し)すると、数十秒だけ起動しましたが、再びシャットダウン。5回ぐらい繰り返しても普通に使うことができませんでした。

iPhoneをフル充電すると、普通に使えるようになりますが、やはり、バッテリー残量が50~60%を下回ると怪しくなってきます。

iPhone 6sのバッテリー交換プログラム

このバッテリー問題は、Appleも把握しているらしく、先日、Appleは「iPhone 6sのバッテリー交換プログラム」を発表しています。

対象製品は、

  • iPhone 6S
  • 2015年9月~10月に製造
  • 限られたシリアル番号

を全て満たすもの。

シリアル番号(シリアルナンバー)とは、各製品に割り当てられる固有の番号です。

対象製品であれば、無償でバッテリー交換をしてくれます。

バッテリー交換プログラムを利用する際は、

  • iPhone 6Sのバックアップをとる(iTunes、iCloudなど。)
  • 「iPhoneを探す」をオフにする
  • データを初期化する(設定→一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を削除)

必要があります。

iPhone 6sのバッテリー交換プログラムを利用する方法

iPhone 6sのバッテリー交換プログラムは、

で利用できます。

近くの店舗にiPhone 6Sを持ち込むと、「バッテリー交換プログラムの対象製品かどうか」が確認され、対象製品であればバッテリーの無償交換をしてくれます。

iPhone 6Sを購入した携帯電話キャリア(Docomo、au、SoftBank)では、バッテリー交換が行えないので注意してください。

ネット上で対象製品かどうか確認する方法

Apple正規サービスプロバイダー、Apple Storeに問題のiPhone 6Sを持ち込んでも、バッテリー交換プログラムの対象製品でなければ、バッテリー交換をしてもらえず、無駄足となってしまいます。

事前にインターネット上で「今使っているiPhone 6Sがバッテリー交換プログラムの対象製品かどうか」を確認することをおすすめします。

現在、Apple公式サイトで簡単に確認できるようになっています。

まず、Apple公式サイト『iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム』に移動してから、シリアル番号入力後、「送信」をタップします。

iphone6s-battery-shutdown

シリアル番号の調べ方

iPhoneの「設定アプリ」から「一般」に移動。

iphone6s-battery-shutdown

「情報」をタップ。

iphone6s-battery-shutdown

「シリアル番号」を長押ししてから、「コピー」をタップ。

iphone6s-battery-shutdown

先ほどのページに戻り、「シリアル番号」をペースト(貼り付け)すればOKです。

iphone6s-battery-shutdown

バッテリー交換のために、Apple Storeに行ってきた

実際、僕の不具合が発生しているiPhone S6を直すためにApple 心斎橋に行ってきました。

スタッフに症状を伝えると、2階の受付窓口(奥の方)に案内されました。(平日なのに人が多かったです。)

5分ぐらい列に並び、受付の人に相談。さらに「担当者が空くまで20分待ってください」と言われ・・・やっと詳しく色々と調べてくれました。

担当者によると、

  • バッテリー交換プログラムの対象機種。無料でバッテリー交換できます。
  • しかし、現在、Apple 心斎橋にバッテリーの在庫がない。
  • バッテリーを発注します。届き次第、メールで連絡します。
  • バッテリーが届いたら、バッテリー交換をするための予約をしてください。
  • バッテリー交換時間は、1~2時間です。

とのこと。終始丁寧に対応してもらいました。

Apple Storeでバッテリー交換してもらう場合は、最低2回訪問(1、Apple Store内の窓口で予約 2、Apple Store内でバッテリー交換)する必要があります。

バッテリー交換を行った

2週間後、Appleから”サービスパーツが到着しました”というメールが届きました。

その後、Apple 心斎橋に電話(フリーダイヤルではないので、通話料はこっち持ちです。)

いつ修理(バッテリー交換)をするか聞かれ、○月○日○時に予約をしました。

指定の日時にApple 心斎橋まで行き、担当者から簡単な説明を受けます。

前準備として、

作業を行いました。

スマホ保護フィルムを外さない場合は、破損する可能性があると念を押されましたが、一度外すと再度貼り付けるのが難しそうだったので、そのままでお願いしました。

1時間30分程度でバッテリー交換が完了するので、それ以降(Apple 心斎橋が閉店するまで)に来てくださいと言われました。

iPhoneのデータもそのまま。心配だったスマホ保護フィリムも無傷で戻ってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。