Windows10が再起動ループで起動できなくなった、エラー・不具合事例

Windows10

先日、僕のメインパソコンをWindows7からWindows10に無償アップグレードしました。

環境は、iMac(2010年モデル)にBoot Camp(ブートキャンプ)でWindows7をインストールしたパソコンです。

最初は、問題なく起動したため、「アップグレード成功!」と思いましたが、しばらく使っている内にエラーが頻発。最終的には「このPCを初期状態に戻す」を実行して正常な状態となりました。

この記事では、「どのようなエラーが出たのか」僕の不具合事例を紹介します。これから、Windows10にアップグレードする予定の方の参考になれば幸いです。

シャットダウン時のエラー

はじめに気づいたエラーが「シャットダウン時のエラー」です。

スタートメニューからシャットダウンすると、「1つのアプリを閉じて、シャットダウンをします Task Host Windows タスクホストでバックグラウンドタスクを停止しています。(\Microsoft\Windows\languageComponentsInstaller\installation)」というメッセージが表示されました。

Task Host Windows

強制的にシャットダウンをすれば、一応、パソコンの電源は切れますが、エラーメッセージが出る度に、毎回「強制的にシャットダウン」をクリックしなければなりません。少し厄介です。

再起動時のエラー

次にパソコンを再起動するときに、次のようなエラーが発生しました。

スタートメニューから再起動すると、「正常にシャットダウン」→「一瞬だけデスクトップが表示」→「”問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください:BAD_POOL_HEADER”というエラーメッセージが表示」→「もう一度、自動的に再起動」してから、デスクトップが表示されました。

問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。

このエラーにより、パソコンにユーザーアカウントのパスワードをかけている場合は、2回もパスワードを入力しなければなりません。結構、厄介なエラーです。

エラー原因を調べていると、Windows10のデフォルト(初期状態)で設定されている「高速スタートアップ」を無効にすれば良いとあったので、次の手順で実行しましたが解決しませんでした。

高速スタートアップ無効の手順

「スタートメニュー」→「設定」→「システム」の順にクリック。

システム

「電源とスリープ」→「電源の追加設定」の順にクリック。

電源とスリープ

「スリープ解除時のパスワード保護」または「電源ボタンの動作を選択する」をクリック。

スリープ解除時のパスワード保護

「現在利用可能ではない設定を変更する」をクリック。

現在利用可能ではない設定を変更する

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外してから、「変更の保存」をクリック。

高速スタートアップを有効にする(推奨)この方法で不具合が改善する可能性があります。

再起動のループ&起動ができなくなる

そして、Windows10のエラーを改善するために、設定項目を色々いじっていると、パソコンを起動したときに再起動のループが発生して、全く起動できなくなりました。

パソコンの電源ボタンを押すと、ユーザーアカウントのパスワード入力が画面に移動することもなく、このように再起動が繰り返されます。

BAD_POOL_HEADER

再起動を繰り返す中で、砂嵐のようなブルースクリーンが表示されました。

Windows10ブルースクリーン

最終的には、「オプションの選択」画面に移動しました。(通常、連続3回再起動を繰り返したら、この画面に移動するようです。)

仮に、ここで、一番上の「続行(終了してWindows10に進みます)」を選択しても、再起動ループが発生して、再びこの画面が表示されます。PCの電源を切っても解決しません。

オプションの選択

最後に残った「トラブルシューティング」をクリックして、「詳細オプション」に進みました。※「このPCを初期状態に戻す」は最終手段です。

トラブルシューティング

詳細オプションでは、「システムの復元」「コマンドプロンプト」「イメージでシステムを回復」「スタートアップ設定」「スタートアップ復元」「以前のビルドに戻す」の項目があります。

詳細オプション

「スタートアップ修復」を実行しましたが、問題が修正されず。

「以前のビルドに戻す」を実行して、Windows7に戻そうとしましたが、エラーにより成功せず。

「イメージでシステムを回復」は、バックアップを取っていなかったためにできず。

最終的には、先ほどの画面から「このPCを初期状態に戻す」を選び、パソコンを出荷時の状態に戻しました。

このPCを初期状態に戻す方法

このPCを初期状態に戻す

「個人用ファイルを保持する」を選ぶと、個人用ファイル(ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック、デスクトップなど)のデータが残ります。

※ただし、アプリケーション、メールアカウント設定、プリンタの設定、Windows7に戻すためのフォルダが削除されます。Windows10からWindows7に戻せなくなった!このPCを初期状態に戻すに注意

個人用ファイルを保持する

アカウントをクリック。

アカウント選択

パソコンを起動時に要求されるパスワードを入力してから、続行をクリック。

パスワード入力

パソコンの初期化が始まります。

このPCを初期状態に戻しています

このPCを初期状態に戻し、Windows10を起動すると「削除されたアプリケーション」一覧を確認できます。

削除されたアプリケーション

エラーが減り、ある程度、快適にWindows10が使えるようになりました

このPCを初期状態に戻すことで、Windows10のエラーが減り、ある程度、快適なパソコンライフが戻ってきました。

ただ、パソコンを初期状態に戻したわけで、Google ChromeやGoogle日本語入力、Photoshop、Excel、アンチウイルスソフトなどは、当然のことながら入れ直しになります。

今回、僕が経験したエラーでは、最終的にWindows10の起動すらできない状態になりました。

あと、完全にエラーがなくなったのではなく、スリープ状態から立ち上げるときなどに、ブルースクリーンに”System Thread Exception Handled (igdkmd64.sys)”というメッセージが表示され、 強制再起動してしまいます。同じ症状の方は、一時的にパソコンを切りたいとき、「スリープ状態」にするのではなく、「休止状態」にすると回避できます。

Windows10の無料アップグレード期間終了は2016年7月末。Windows10は素晴らしくアップグレードを予定方も大勢いると思いますが、やはり、Windows7からWindows10にアップグレードする過程で互換性の違い等から様々なエラーが発生します。

万が一の自体に備え、Windows7からWindows10にアップグレードするときは、あらかじめ必ずバックアップをとっておきましょう。

Windows10アップグレード前に、バックアップを作成する方法(Windows7)

2015.07.30

追記:Windows 10 Anniversary Update(アニバーサリーアップデート)をした後に起動がしないエラーが発生しました。マークがぐるぐる回ったまま固まってしまいます。強制シャットダウンをして、何回か電源を入れ直せば、起動するのですが、不安定ですね。

Windows10

4 件のコメント

  • 私も同じ症状に困っており、メモリーの相性問題かと思い、メモリーまで買い換えたのに同じよにBAD_POOL_HEADERが出ます。
    高速スタートアップを無効にしたら直ります。
    しかし、有効にするとやはり再起動時にエラーか出ます。
    助かりました。
    OSの再インストールでもエラーが出てたので困ってました。

    • メモリーまで買い換えたのですか!それは、大変でしたね(T_T)
      やはり、同じ症状でお困りの方は多いみたいですね。
      僕は「大丈夫だろう」と軽い気持ちでWindows10にアップグレードして痛い目にあってしまったので、この記事を読んでいる方には、気をつけてもらいたいものです。

  • このPCを初期状態に戻す を選択することで、MacOS側のパーティションが初期化されることはありませんか?

    • 僕のパソコン環境では、Windows側の初期化をした後でも、MacOS側のデータ(写真、動画、ドキュメントなど)は残りました。おそらく、大丈夫と思いますが、万が一のためにバックアップしておくことをおすすめします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    サラリーマンをしながら、当ブログを運営しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。