Amazonショッピングアプリで「ARビュー」が提供開始!使ってみた

本日、日本でもお馴染み大手ネットショップ”Amazon”で新しいサービスがスタートしました。

その名も”ARビュー“です。

拡張世界を創り出す「AR技術」を用いて、スマートフォンの画面上で家具などを原寸大で表示&360度見渡すことができます。

実際に試してみましたが、なかなか面白く、ARと家具の相性は抜群と感じました。

ネットショップで画像を見ただけでは、家具の大きさのや部屋の雰囲気とマッチするかイメージがわきにくいですが、Amazonの「ARビュー」を活用することで実際に購入した錯覚さえ味あわせてくれます。

今回は、Amazonショッピングアプリで追加された「ARビュー」を実際に使ってみた様子をお届けしていきます。

Amazonショッピングアプリ「ARビュー」を使ってみた

まずは、Amazonショッピングアプリをスマートフォン(iPhone / Android)にインストールしましょう。

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

家具を選択する

Amazonショッピングアプリを起動してから左上メニュー「三」をタップします。

「カテゴリー」から「ホーム&キッチン」を選択します。

少しスクロールすると”スマートフォン画面に商品を映し出す ARビュー”のメッセージが表示されているので「もっと見る」をタップします。

ARビューの利用方法についての説明文が表示されます。

ARビューの利用方法

  1. Amazonショッピングアプリを起動し、「ARビュー」対応商品の商品詳細ページを開きます。
  2. 商品画像の下にある「部屋に表示(ARビュー)」をタップします。
  3. スマートフォンのカメラが起動します。商品を配置したい場所に合わせて画面上の青い円をタップします。
  4. 自動的に商品の大きさが調整され、画面上に正しい縮尺で表示されます。商品を360度見まわすことができるほか、配置場所や向きの変更も可能です。

好きな商品を選択してタップしましょう。

今回は「クロシオ SOHO書棚 W75 ブラウン 幅75cm高180cm 本棚 シェルフ」を選択してみました。

商品ページの「部屋に表示(ARビュー)」をタップします。

“Amazonがカメラへのアクセスを求めています”というメッセージが表示されるので「OK」をタップします。

家具をARビューで表示させる

いよいよAR機能を使って、部屋に家具を配置していきます。

カメラを床に合わせて、商品を置きたい場所をタップしましょう。

実寸サイズの本棚が表示されました。

スマホの画面上で移動や回転ができるので、好きな場所に配置をしてみましょう。

実際に配置してみました。

メジャーで測ることなく、高さや幅などの大きさかひと目で分かります。

カメラを移動させれば、真横からも大きさを確認することができます。

この他にもリクライニングの座椅子を置いてみたり・・・

ダイニングチェアを置いてみたり・・・

バランスボール式の椅子を置いたり・・・

緑色のやかんを置いたり・・・

デジタル時計を置いてみたりもしました。

ずっとカメラを向けていなくても、一度、気に入った場所に置いてしまえば、目を離しても同じ場所に存在し続けます。

実際に使った感想としては「すごい!」の一言です。

昔と比べて、AR技術が数段階進んでおり、近未来を感じられました。

家具を購入する予定がなくても、単純に面白いので皆さんも体験(無料)してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。