d払いでフィッシング詐欺被害に!補償対象になる?対処方法を解説

NTTドコモが提供しているバーコード / QRコード決済サービス「d払い」

d払いでは、実店舗だけでなく、

  • オンラインショップ(Amazon、Yahoo!ショッピング、Wowma!、ポンパレモール、メルカリなど)

の決済にも対応しています。

しかし、オンラインショップに対応していることで詐欺に遭うリスクが高まっているのも事実です。

では、d払いで詐欺被害に遭った場合は、補償対象となるのでしょうか?解説していきます。

d払いはフィッシング詐欺の補償対象

先に言っておくと、d払いは近日中にフィッシング詐欺の補償対象となります。

2019年8月時点で利用規約にフィッシング詐欺が補償対象と明示しているスマホ決済は次のとおりです。

フィッシング詐欺を補償対象としているスマホ決済一覧
d払い 近日補償対象
LINE Pay 補償対象
メルペイ 補償対象
PayPay
au Pay

※利用規約にフィッシング詐欺の補償の明示はないとしても、個別に対応してもらえるケースもあります。

d払いは、第三者に騙されて自分でIDとパスワードを入力しても補償の対象になります。

フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺とは、電子メールなどで本物そっくりの”偽サイト(Amazon、Yahoo!ショッピングなど)”に誘導して、ログイン情報(ID、パスワード)や支払情報(クレジットカード、スマホ決済情報など)を抜き取る詐欺手口を言います。

よくあるのは、大手企業を名乗って「支払いが完了していません。」といった緊急性の高いメールが送られるケースです。

d払いのケースでは、

  • 「【NTT docomo】パスワード初期化のご連絡」のメール
  • 「お客様のキャリア決済が不正利用の可能性があります」「dアカウントに異常ログインされた」のSMS

などの緊急性が高いメッセージが届くケースが多いです。

そのメッセージに記載されているURLからログインをすると、ログイン情報を抜き取られる可能性あります。

また、メールに記載されているURLは、アルファベットの「O」を数字の「0」に置き換えるなど、巧妙な手段でぱっと見ただけでは判別がつかないので注意しましょう。

フィッシング詐欺に遭わないためには、

  • 正しいサイトをブックマークに登録しておき、メールで案内がきてもブックマークを経由してアクセスをする
  • 緊急の要件で問い合わせるときは、メール記載の会社には連絡しない。インターネットで連絡先を調べてから問い合わせをする

といった対策が有効です。

また、d払いのセキュリティレベルを高める方法としては「2段階認証」の設定もあります。

d払いで2段階認証を設定する方法【不正利用対策】

2019.08.27

d払いによる不正利用を確認する方法

d払いをオンラインショップですると登録したメールアドレス宛に”【d払い】決済完了のお知らせ(自動配信)”が届きます。

また、d払いアプリの「ご利用履歴/限度額設定変更」→「その他お支払い方法」からも確認が可能です。

d払いの利用履歴に見に覚えのない支払いがあれば、不正利用やフィッシング詐欺などを疑ったほうが良いでしょう。

フィッシング詐欺に遭遇したときの対処法

実際、d払いでフィッシング詐欺に遭った場合は、どうすれば良いのでしょうか?見ていきましょう。

dアカウントのパスワードを変更する

d払いアカウントにフィッシング詐欺の偽装URLからログインをしてしまった場合は、dアカウントのパスワードを変更しましょう。

dアカウントのパスワードは『dアカウント管理』に移動してから「パスワードの変更」で変更手続きができます。

d払いを利用停止する

すでに第三者によってAmazonなどにd払い情報が登録されてしまった場合、パスワード変更後も再認証なしにd払いが可能です。

そんな場合は、d払いの利用停止をする必要があります。

ドコモユーザー

ドコモユーザーは、My docomo(お客様サポート)から利用停止手続きができます。

ログイン後に「契約内容・手続き」→「ネットワーク暗証番号を入力」→「ドコモ払い/d払い」→「お手続きする(クレジットカード/dカード払い)」から利用停止できます。

ドコモユーザー以外

ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターで利用停止の手続きを行うことができます。

ドコモ インフォメーションセンター

電話番号:0120-800-000

受付時間:午前9:00~午後8:00(年中無休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信。また、ファイナンシャル・プランナー技能士の資格を活かして金融関係の情報も発信しています。