イモトのWiFiを関空でレンタル・海外タイで使ってみた【口コミ】

こんにちは。

1週間ほど、ほほ笑みの国”タイ王国”に行くことになりました。

これまでも何回か行ったことありますが、毎回、海外旅行で気にするのが「インターネットに繋がるかどうか」です。

タイは、日本と比べて観光客も多く”無料WiFiスポット”があちこちに点在している国ですが、やはり24時間いつでも繋がる状態にしていたいのが本音。

(フリーWi-Fiはセキュリティ的にも気になりますし。)

そこで、タイで使えるWi-Fiレンタルのモバイルルーターを探していたところ、CMでもお馴染みの「イモトのWiFiが良い!」という結論になりました。

この記事では、実際にイモトのWiFiを使ってみた感想やレンタルの手順などを紹介します。

イモトのWiFiを決めた理由

モバイルルーターを選ぶ上で気にした点が「快適な通信」です。

いくら料金が安くても、肝心のインターネットを快適に使えなければ、全く意味がありません。

また、海外で使うことになるので、

  • 1枚の画像を表示させるのに数十秒かかる
  • Wi-Fi接続がプチプチ切れる

といった不満点が出たとしても、現地でサポート対応してもらうのは難しいです。

だからこそ、インターネットの通信速度が早く、安定性が高いモバイルルーターを第一に考えて探しました。

そして、色々と調べていく中で見つけたのが、「イモトのWi-Fi」です。

理由は、

  • タイで「イモトのWi-Fi」を利用した方の絶賛口コミが多い
  • イモトアヤコをイメージキャラクターにしたテレビCMをバンバン流していて信頼感・安心感がある

の2つです。

この後、レビューとして書きますが、「快適な通信」については、大満足の結果となりました。

また、「イモトのWi-Fi」の料金について調べて、思っていた以上に安かったのも一つの決め手となりました。

今回は6日間の旅行をしましたが、なんと1日あたり770円で使うことができました。

(レンタル期間が長くなるほど、1日あたりの料金はお得になっていきます!)

イモトのWiFiをレンタルする手順

今回、イモトのWiFiを使う条件は、

渡航先 タイ
受取 関空(関西国際空港)

となります。

申込み方法

まず、『イモトのWiFi』に移動してから、右上の「レンタル申込み」をクリックします。

タイの滞在日数

旅行する期間をカレンダーの「出発日」と「帰国日」をクリックして選択。僕の場合は、2018年8月3日~2018年8月8日の6日間です。

この時点で料金は10,164円となります。(ここからプラン変更で下がっていきます。)

渡航する国

「渡航する国数」「利用国・地域」を選びます。

今回は、渡航先がタイ(1カ国のみ)なので、上記のように選択しました。

モバイルルーターの種類とプラン

機器タイプは、通常のモバイルルータータイプである「Wi-Fi」を選択。

Wi-Fiの通信速度は、

4G/LTE WiFi (高速) 3G WiFi (中速)
大容量(500MB/日) 1,280円/日 680円/日
ギガ(500MB/日) 1,580円/日
30日パック(500MB/日) 23,000円/30日
(約767円/日)
14,200円/30日
(約473円/日)

から選択可能。

僕の場合、スマートフォンでのメッセージのやり取りや記事執筆程度の使い方しかしないので、3Gで十分と判断しました。

いざとなれば、タイのカフェなどにフリーWi-Fiを使うこともできますし、そこまで高速である必要もないかと思います。

この時点で料金が10,164円 → 6,564円に値下がりしました。

オプション(補償)

イモトのWi-Fiや海外旅行保険に補償をつけるかどうか選ぶことができます。

プラン イモトのWi-Fiの補償 海外旅行保険 料金
あんしんパックプラス 弁償代金を100%免除 携行品損害補償(最大20万円)
航空機遅延
手荷物遅延
傷害後遺障害
500円/日
あんしんパックフル 弁償代金を100%免除
(最大30,000円)
300円/日
あんしんパック 弁償代金を80%免除
(最大30,000円)
200円/日

※レンタル台数1台あたりの税別料金

海外旅行で一番心配なのが、スリや置き引きなどの盗難です。

僕の場合、クレジットカード(REX CARD)に携行品損害補償が自動で付いていたので、「なし」を選択しました。

この時点で料金が10,164円 → 4,620円に値下がりしました。

1日あたり770円(=4,620円÷6日)の計算です。

オプション(周辺機器など)

イモトのWi-Fiでは、1日◯◯◯円で周辺機器などをレンタルすることができます。

レンタル品 料金
3口電源タップ 180円/日
USBポート 150円/日
大容量モバイル充電池
エネハイパー
360円/日
モバイル充電池
エネスマート
250円/日
軽量モバイル充電池
エネループ
200円/日
翻訳機(POCKETALK) 500円/日
シガーソケット充電プラグ 100円/日
360°カメラ 500円/日
セルカレンズ 100円/日
折りたたみ式 キーボード 300円/日

※料金はすべて税別となります。

僕は必要なかったので、すべて「なし」を選択しました。

受取方法

イモトのWi-Fiの受取方法を

  • 空港で受取
  • 宅配で受取
  • 東京本社で受取

の3つから選ぶことができます。

受取手数料はすべて500円/台なので都合の良い方法を選べばいいでしょう。

僕は、関空から出国するので「関空 第1ターミナル1階到着階(7:00~22:00)」を選択しました。

返却方法

こちらも

  • 空港で受取
  • 宅配で受取
  • 東京本社で受取

の3つから選ぶことができます。

空港によっては「返却BOX」があって便利です。

支払方法の確認

確認後、「お申込者情報の入力へ」をクリックしましょう。

申込み者情報の入力

申込みのために「氏名」「メールアドレス」「携帯電話番号」「住所」などの個人情報を入力。

重要事項の確認をしてから、「お申込内容の確認画面へ」をクリックしましょう。

クレジットカード決済

カード決済のご案内ページに移動するので、内容確認後「クレジットカード情報の入力に進む」をクリック。

クレジットカード情報(JCB、Visa、MasterCard、American Express、Diners Clubが対応)を入力してから、「次へ」を選択します。

最後に購入金額の確認をしてから、「購入」をクリック。これで手続完了です。

イモトのWi-Fiを関空で受け取る

タイ旅行当日、空港に到着して「搭乗手続き」および「預け入れ荷物の引き渡し」を行ってから、「イモトのWi-Fi」の受取カウンターに行きます。

場所は、関西空港 第1ターミナルビル 1階にある「エクスコムグローバル 空港カウンター」です。

(場所が分からなければ、案内カウンターに聞いてみましょう!)

出典:イモトのWi-Fi

受取時に担当者から「イモトのWi-Fi」の操作方法について聞くこともできます。

返却時は、この窓口にある「返却BOX」に入れればOKです。

スマートフォンの通信設定

続いて、タイに出発する前にスマートフォンの通信設定を忘れずに行いましょう。

この設定を忘れていると、せっかく「イモトのWi-Fi」を使えるのに高額請求をされてしまう可能性があるので注意しましょう。

まずは、「設定」→「モバイル通信」に移動してから、「モバイルデータ通信」をオフにします。

続いて、「機内モード」をオンにしましょう。これで安心して海外でインターネットが使えます。

※iPhone利用時の設定方法です。

イモトのWi-Fiの使い方

こちらがイモトのWi-Fiレンタルセットです。

大きさはA5ノートぐらいで持ち運びもしやすくなっています。

中身を取り出してみると、「モバイルルーター」「充電器」「マルチプラグ」の3つが入っています。

それぞれの端末(パソコン、タブレット、スマートフォン)とWi-Fi接続するには、電源ボタンを押します。(はじめから充電されているのが嬉しいところ。)

“Welcome”というメッセージとともに、イモトのWi-Fiが起動。これでインターネット接続ができるようになります。

Wi-Fi接続に必要な「SSID」「パスワード」は、イモトのWi-Fi本体に分かりやすく記載されています。

あとは、Wi-Fi設定から「SSID」を選び、要求される「パスワード」を入力すれば接続完了です。

イモトのWi-Fiのレビュー

タイの首都バンコク以外の地域も旅行する計画があったため、少し不安もありましたが、結論で言うと大満足です。

通信速度は良好

今回、タイ旅行では、

  • WordPressで記事作成および情報収集
  • GメールやLINEでメッセージのやり取り
  • タイの旅行情報を調べる

といった使い方をしていましたが、「日本でインターネットをするのと変わらない」ぐらい快適にインターネットができました。

また、船で数十分の場所にある離島「サミット島」にも行きましたが、ここでも通信が途切れることもなく、全く違和感なく使えました。

また、通信量も1日あたり500MB(1ヶ月で15GB相当)まで使えるので、ほとんど気にせずに済みました。

(仮に通信速度制限を受けたところで、翌日まで我慢すれば再び快適な速度でインターネット楽しめます。)

イモトのWi-Fiでは、

  • 3G WiFi (中速)・・・680円/日
  • 4G/LTE WiFi (高速)・・・ 1,280円/日

の2つのプランが用意されていますが、重たい通信(画像や動画のアップロード、大容量ファイルのダウンロード)をしない限りは、料金が安い「3G WiFi (中速)」で十分だと感じました。

バッテリー駆動時間は約6時間

1回の充電で使用できる時間は、おおよそ6時間です。

このように付属の充電器を差し込むことで充電ができます。

僕は、不必要なときは電源を都度切ったりしていたので、6時間の駆動時間で十分でしたが、「ちょっと6時間では足りなさそうだな・・・」と感じる方は、モバイルバッテリーの活用をおすすめします。

次は、iPhone 8を約1.9回分充電できる大容量”5000mAh”のAnker製モバイルバッテリーです。

この1台で「モバイルバッテリー」と「USB急速充電器」の2役をこなす、旅行や出張などの持ち運びに便利な優れもの。

もちろん、タイで採用されている”電圧220V”にも対応しており、変圧器なしで利用できます。

最後に

言葉が通じず、何かと不安の多い海外旅行。

そんなときに大活躍するのがモバイルルーターです。

今回、6日間に渡って「イモトのWi-Fi」を使いましたが、「またタイ旅行に行くときには、絶対に持っていこう」と思えるほど、大満足しました。

もっと海外旅行を快適に楽しむために「イモトのWi-Fi」を検討してみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンをしながら、当ブログを運営していましたが、2018年に独立し現在はフリーランスとして活動しています。今まで、数々のWebサイト・ブログを構築してきました。このブログでは、今までの経験で得た知識を活かし、Web制作・SEO関連を中心に、最新のIT関連ニュースを発信していきたいと思います。